BAの客室乗務員、19日から再び72時間スト

英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)の客室乗務員が、19日からヒースロー空港で72時間ストライキを再び決行する。賃上げ交渉をめぐるもので、客室乗務員は先に2日間のストに踏み切ったばかり。最大労組ユナイトが明らかにした。

1回目のストでは、約40便が欠航となった。会社側はフライトの通常運航に努めており、緊急時の対応計画を16日に発表する方針だ。

ストは、長距離便と短距離便の両方での乗務を担う雇用契約の客室乗務員の賃上げをめぐるもの。求人広告には初任給が年間2万1,000~2万5,000ポンドと掲載されているが、実際は基本給の1万2,000ポンドに加えてフライト1時間当たり3ポンドが上乗せされる形になっている。2010年以降に入社した約4,000人は全てこの契約が適用されており、全体の15%を占める。

ユナイトは基本給の引き上げを要求しているが、会社側はフライト給付を上乗せすると、大半の客室乗務員に少なくとも2万1,000ポンドが支払われていると主張している。[労務]


関連国・地域: 英国
関連業種: 運輸・倉庫雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン