• 印刷する

欧州議会、ロボットの法的地位を審議へ

欧州議会の法務委員会は12日、ロボットの法的地位に関する報告書を採択した。自動運転車が事故を起こした際の賠償責任や、ロボットをめぐる倫理的問題などの法制化を求める内容で、今後これらの問題が欧州議会の本会議で審議される運びとなった。こうしたルールの策定は、ロボティクスや人工知能(AI)の潜在的経済力を最大限に引き出し、安全衛生水準を保証するために必要で、欧州連合(EU)が規制基準をめぐり主導権を握ることが肝要だとしている。

報告書は、自動運転車やドローン(小型無人機)を含むロボットやAIの進歩を背景に作成されたもので、ロボットに「電子的人間」としての法的地位を与えるべきかの議論が必要と提言。ロボットに学習能力に応じた賠償責任を課すよう提案するとともに、ロボットによる事故に備え、メーカーやオーナーに保険への加入を促している。

また、すべてのロボットに機能停止スイッチを取り付けるとともに、設計者は全ロボットを登録し、ソースコードを公開する必要があると主張。さらに、オートメーション化による雇用喪失に備え、EU加盟各国がベーシックインカム(基礎所得保障)の導入を検討する必要も示唆している。このほか、ロボットによるデータ収集に際してのプライバシー保護などの問題も提起している。

報告書は、数十年後にはAIが人間の知能を上回る可能性もあり、「適切な準備を行わなければ人間がロボットをコントロールする能力が脅かされる恐れもある」と強調。これに向け、EUレベルでロボット工学およびAIの技術・倫理・法律面を監督する機関の設立を求めている。[EU規制][労務]


関連国・地域: EU
関連業種: 自動車・二輪車医療・医薬品その他製造金融運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

武田薬品のシャイアー買収、条件付きで承認(11/21)

独仏、ユーロ圏共通予算の枠組みを提案(11/21)

西政府、ジブラルタル巡り離脱協定案に難色(11/21)

ルーマニア、閣僚8人を入れ替え(11/21)

保守党との閣外協力を放棄も 北アのDUP、離脱協定案に反発(11/21)

VW世界販売、10月は10%減 WLTPの影響続き西欧低調(11/21)

世界のワイン生産量、過去18年で最高水準に(11/21)

CBI製造業受注、11月は加速に転じる(11/21)

政府、所得税の高税率適用の下限引き上げへ(11/20)

ブルガリアのシメオノフ副首相が辞任(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン