• 印刷する

ポルトガルのソアレス元大統領が死去

ポルトガルのマリオ・ソアレス元大統領が7日、首都リスボンの病院で死去した。92歳だった。同氏はサラザール独裁政権下で反政府運動に参加し、亡命を余儀なくされたが、独裁政治が終わった1974年の「カーネーション革命」後に帰国。首相を経て1986年からは60年ぶりの文民大統領となり、ポルトガルでは「民主化の父」と称された。BBC電子版が伝えた。

ソアレス氏は体調悪化を理由に昨年12月から入院していた。死因は公表されていない。ポルトガル政府は9日から3日間の服喪を宣言した。同氏の遺体はこの日、自宅を経て市内のヒエロニムス修道院に移され、数千人の国民が葬列を見送った。10日に国葬が執り行われる。

ソアレス氏はリスボン大学を卒業後、独裁体制に反対して繰り返し逮捕された後、フランスに亡命してポルトガル社会党の党首に就任。「カーネーション革命」が起きた後、帰国して外相となり祖国の民主化に努めた。1976~78年と1983~85年の2度にわたり首相を務め、欧州連合(EU)の前身である欧州経済共同体(ECC)への加盟を果たした。大統領は2期10年務めた。

ポルトガルのロベロデソウザ大統領は「ソアレス氏は自由なポルトガル、自由な欧州、自由な世界を決して諦めず、常に勝利を収めた」と同氏の功績を称えた。


関連国・地域: フランスポルトガル
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

NEC、リスボン市と情報共有アプリを開発(07/09)

ポルトガル電力、汚職捜査で幹部の職務停止(07/08)

欧州委、10カ国に旅行者の権利保護を要求(07/07)

ポルトガル航空、政府が追加出資で救済(07/06)

欧州各地で新型コロナ対策違反=封鎖緩和で(06/30)

リスボンのウェブ・サミット、12月開催へ(06/26)

リスボン、感染拡大で封じ込め策再び強化(06/24)

リスボンのテックイベント、予定通り開催へ(06/18)

金融アバンカ、ポルトガル同業の買収断念(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン