• 印刷する

幸せと感じるロシア国民が急増

自分が幸せと感じるロシア国民が急増している。昨年12月は46ポイントと11月から7ポイント改善し、年間で最高に達した。ロシア国営の調査機関VCIOMの最新調査で、こうした事実が分かった。

調査は昨年12月24~25日に、国内46地域の130カ所に住む計1,600人を対象に実施。国内の現状に関する前向きな評価は15ポイントと、10月の4ポイントから大きく伸びた。社会に対する期待感はマイナス41ポイントと、昨年1月のマイナス64ポイントから大きく改善し、やはり年間で最高を記録した。

なお42%は「最悪の状況はまだ来ていない」とみる一方で、25%は「既に過ぎ去った」とし、24%は「現在それを体験している」と回答した。


関連国・地域: ロシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アルメニア大統領が辞任=影響力欠如で(01/25)

米英、ウクライナから大使館職員家族ら退避(01/25)

EU、ウクライナに12億ユーロの財政支援へ(01/25)

ベトナム航空、欧露定期便を月内に再開へ(01/25)

米露、ウクライナ巡り協議継続で合意(01/24)

ウクライナ中銀、10%に利上げ(01/24)

ヤンデックス、ロボ開発で韓国通信社と協力(01/24)

政府、新英仏海底ケーブル事業の認可拒否(01/24)

EU、露の木材輸出制限をWTOに申し立て(01/24)

バイデン米大統領、露のウクライナ侵攻予測(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン