幸せと感じるロシア国民が急増

自分が幸せと感じるロシア国民が急増している。昨年12月は46ポイントと11月から7ポイント改善し、年間で最高に達した。ロシア国営の調査機関VCIOMの最新調査で、こうした事実が分かった。

調査は昨年12月24~25日に、国内46地域の130カ所に住む計1,600人を対象に実施。国内の現状に関する前向きな評価は15ポイントと、10月の4ポイントから大きく伸びた。社会に対する期待感はマイナス41ポイントと、昨年1月のマイナス64ポイントから大きく改善し、やはり年間で最高を記録した。

なお42%は「最悪の状況はまだ来ていない」とみる一方で、25%は「既に過ぎ去った」とし、24%は「現在それを体験している」と回答した。


関連国・地域: ロシア
関連業種: 経済一般・統計社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ルクソフト、ダイムラー傘下の独同業と提携(07/20)

電力フォータム、第2四半期は29%増益(07/20)

ノバテク、ヤマルLNGの第2段階開始へ(07/20)

鉄鋼セベルスタリ、第2四半期は4倍に増益(07/20)

ロシア鉱工業生産、6月は2.2%増加(07/20)

ロシアの失業率、6月は4.7%で横ばい(07/20)

VWの世界販売、6月は4.1%増加(07/19)

カタール航空、露ブヌコボ空港の株式取得へ(07/19)

重慶―ミンスク間の国際貨物列車、運行開始(07/19)

プーチン大統領、トランプ米大統領と会談(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン