• 印刷する

仏国民の過半数、フィヨン氏よりマクロン氏支持

4月23日のフランス大統領選第1回投票を控え、マクロン前経済・産業・デジタル相の人気が徐々に高まっている。かねて最有力候補と目されてきた中道右派候補のフィヨン元首相との比較では支持率が55%と、13ポイント上回った。仏世論調査会社オドクサ(Odoxa)の最新調査で、こうした現状が浮き彫りになった。

調査は、フィヨン氏の支持率を他の候補者と比較。極右政党・国民戦線のルペン党首とは、64%対34%と最大の優位を保ったが、左翼党のジャンリュック・メランション共同党首とは57%対41%と、リードが縮小。1月末に予定される中道左派の大統領予備選に出馬する与党・社会党のバルス前首相との比較では、49%対48%と支持率は拮抗(きっこう)している。

フィヨン氏の支持率は昨年11月以降で12ポイント低下。同氏に対する否定的な見方は今回、57%に上っている。

マクロン氏は、オドクサが昨年12月に公表した政治家の支持率ランキングで35%と初めて首位に浮上し、2位のジュぺ元首相を2ポイント上回った。

大統領選の決選投票は5月7日に行われる。


関連国・地域: フランス
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

夜間外出禁止令、違反件数が3千件超に(10/22)

仏大統領、露政府にテロ対策強化を要請(10/22)

アルストム、イラク政府と鉄道開発で契約(10/22)

仏政府、ブリヂストンに工場維持案を提示(10/21)

エアバスとイスラエル社、監視サービス受注(10/21)

日本無線、プライベートLTEシステム受注(10/21)

ナブヤ、仏中部で無人自動運転シャトル導入(10/21)

ダノン、経営体制とポートフォリオを見直し(10/20)

香港、フランスなどを高感染リスク国に(10/20)

パリで歴史教師の首切断される=テロ行為か(10/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン