地中海ルートでの難民流入数、3分の1に減少

2016年に地中海経由で欧州に流入した難民の数が36万4,000人となり、前年の約3分の1に減少していたことが、欧州対外国境管理協力機関(フロンテックス)が6日公表した統計速報から明らかになった。欧州連合(EU)とトルコが交わした取り決めの効果で、ギリシャに到着する難民数が8割近く減ったことが大きい。ただ、北アフリカからイタリアへと渡る難民数は引き続き増加している。

昨年は、東地中海ルートでギリシャ本土やエーゲ海東部の島々に上陸した難民数が18万2,500人となり、前年から79%減った。EUとトルコが3月に交わした取り決めにより、両国間の国境警備が強化されるとともに、トルコがギリシャからの難民送還を受け入れたことが背景にある。ギリシャに到着した難民の多くは、シリア、アフガニスタン、イラクの出身だった。

一方、中部地中海ルートでイタリアに流入した難民数は18万1,000人と、前年比約20%増加して過去最高水準に達した。西アフリカ諸国からの難民流入が拡大したことが大きく、中でもナイジェリア出身者が最も多かった。これにエリトリア、ギニア、コートジボワール、ガンビアが続く。

なお、西バルカン諸国も国境警備を強化したことから、このルートでの流入数も前年の76万4,000人から12万3,000人へと激減している。


関連国・地域: EUイタリアギリシャアフリカ中東
関連業種: 経済一般・統計運輸・倉庫社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

愛経済は最大4%縮小も IMF、ハードブレグジット想定(07/23)

ヒースロー、拡張巡り自治体が司法審査要請(07/23)

星金融BOS、ルクセンブルクに子会社設立(07/23)

【今週の主な予定】7月23~27日(07/23)

パワーセル、燃料電池スタックを追加受注(07/23)

日産「リーフ」が欧州首位 上半期のEV販売台数(07/23)

パウンドワールド、全335店舗を閉鎖へ(07/23)

オランダとトルコ、国交正常化で合意(07/23)

WTO、米国のエアバスへの制裁要求を審査(07/23)

ボルボ・カーズ、米国向け生産を欧州に移管(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン