地中海ルートでの難民流入数、3分の1に減少

2016年に地中海経由で欧州に流入した難民の数が36万4,000人となり、前年の約3分の1に減少していたことが、欧州対外国境管理協力機関(フロンテックス)が6日公表した統計速報から明らかになった。欧州連合(EU)とトルコが交わした取り決めの効果で、ギリシャに到着する難民数が8割近く減ったことが大きい。ただ、北アフリカからイタリアへと渡る難民数は引き続き増加している。

昨年は、東地中海ルートでギリシャ本土やエーゲ海東部の島々に上陸した難民数が18万2,500人となり、前年から79%減った。EUとトルコが3月に交わした取り決めにより、両国間の国境警備が強化されるとともに、トルコがギリシャからの難民送還を受け入れたことが背景にある。ギリシャに到着した難民の多くは、シリア、アフガニスタン、イラクの出身だった。

一方、中部地中海ルートでイタリアに流入した難民数は18万1,000人と、前年比約20%増加して過去最高水準に達した。西アフリカ諸国からの難民流入が拡大したことが大きく、中でもナイジェリア出身者が最も多かった。これにエリトリア、ギニア、コートジボワール、ガンビアが続く。

なお、西バルカン諸国も国境警備を強化したことから、このルートでの流入数も前年の76万4,000人から12万3,000人へと激減している。


関連国・地域: EUイタリアギリシャアフリカ中東
関連業種: 経済一般・統計運輸・倉庫社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ブルガリア運送業界、EUの待遇規制に抗議(05/21)

五つ星と同盟、政策綱領を公表=党員投票へ(05/21)

米国の対イラン制裁に対抗策 EU、欧州企業の保護へ行動指針(05/21)

ディーゼル車の乗り入れ規制、実施に青信号(05/21)

【今週の主な予定】5月21~25日(05/21)

伊インフレ率、4月は改定値も0.5%(05/21)

トラックのCO2排出量削減 EU、包括法案で基準を初導入(05/21)

メディアビジョン、衛星タイコムと業務提携(05/21)

欧州委、大気汚染規制違反で英独仏など提訴(05/21)

最高裁、ビールの健康増進うたう広告を禁止(05/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン