バッキンガム宮殿の衛兵交代、曜日固定へ

バッキンガム宮殿の衛兵交代式の実施日が、16日から大幅に切り替わる。従来は隔日だったが、今後は月、水、金、日曜日に固定される。昨年12月に発生したベルリンのトラック突入テロを受け、宮殿周辺では衛兵交代時に道路が封鎖されており、警備強化に加え観光客・市民の利便性向上を図る。

曜日固定は3月末まで試験導入され、衛兵交代式の時間帯も30分繰り上げられる。これにより道路封鎖の時間帯が午前10時15分~11時45分となり、昼食時間帯の混雑を避けられるとしている。なお4月~7月は毎日実施されるが、夏季のスケジュールは未定だ。

なおロンドン西郊のウィンザー城でも、衛兵交代式の実施日を月、水、金、日曜日に限定する。こちらの開始時間は従来通り。

英国は2014年8月以降、5段階に分けられているテロ警戒レベルを上から2番目の「シビア(深刻)」に設定している。


関連国・地域: 英国ドイツ
関連業種: 観光・娯楽社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

スイスの時計輸出、1月は12.6%拡大(02/21)

英国、大幅な規制緩和を否定 離脱後巡るEUの懸念を打ち消し(02/21)

金融HSBC、通期は2.5倍弱に増益(02/21)

ホテルのインターコンチ、通期は7%増益(02/21)

テスラの「モデルS」、欧州販売で独勢超え(02/21)

イケア、英顧客にグリーン電力への変更促す(02/21)

衣料品アルカディア、中国社が買収を計画(02/21)

電子商取引ハウテ、マレーシア社が出資(02/21)

デリバルー、中国進出に消極的(02/21)

KFC、在庫不足で英店舗の5割が一時休業(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン