• 印刷する

スイス傷害保険基金「ウーバー運転手は従業員」

スイス傷害保険基金(SUVA)は、米配車サービス大手ウーバー(Uber)の運転手を自営業者ではなく従業員と認定し、従業員に対する労働災害保険への加入と保険料支払いが義務付けられるとの判断を下した。ロイター通信などが5日伝えた。

SUVAは運転手を従業員と認めた理由として、運転手がウーバーの規定を破った場合に受ける影響、独自に料金や支払い条件を設定できないことを挙げている。ただしSUVAの広報担当者は、今回の問題は特定の運転手に関するものでウーバーのビジネスモデル全般に対する判断ではないと説明している。

これに対してウーバーは、同社のスイス進出以前から、SUVAが他のタクシー配車サービス会社の運転手を従業員と認定していたが、各社はいまだに運転手を従業員として扱っていないと指摘。「スイスでは目新しいことではなく、他社と同様に異議を申し立てる」と述べている。

ウーバーは英国でも同様の問題を抱える。ロンドンの雇用審判所は昨年10月、同社の運転手が従業員としての待遇を求めていた問題で、運転手の訴えを認める判断を下している。しかしウーバーはこれまで一貫して、運転手は自営業者として契約し、自由で柔軟性のある働き方を享受していると主張している。[労務]


関連国・地域: 英国スイス米国
関連業種: 金融運輸サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

スイス南西部の2州で雪崩、2人死亡(01/22)

財務省、独大手2行の合併シナリオ精査か(01/18)

プラスチック廃棄物除去のアライアンス始動(01/18)

物流DSV、スイスのパナルピナに買収提案(01/17)

スイスとオーストリアで雪崩、1人死亡(01/17)

ブロックチェーン取引VAKT、トタルなど参加(01/17)

投資EQT、ビザ手続き代行のVFS売却へ(01/16)

ジュリアス・ベア、4月に新会長を指名へ(01/16)

スイス国鉄、空飛ぶ電動タクシーの導入検討(01/15)

シンドラー、インドの総合拠点化を模索(01/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン