• 印刷する

再出版の『わが闘争』、独でベストセラーに

再出版されたヒトラーの著書『わが闘争』が昨年、ドイツのノンフィクション部門のベストセラーとなった。出版元であるミュンヘンの現代史研究所(IfZ)が3日、公表した。

『わが闘争』はヒトラーの半生や反ユダヤ・反共産主義思想がつづられた書籍で、第2次大戦後にバイエルン州政府が著作権を引き継いだが、内容的な問題から出版を禁止していた。ただ、同書の歴史的な意義を踏まえ、原文に注釈などを加え学術書として再出版する計画が浮上。州政府の著作権が2015年末に消滅するのを待ち、IfZが昨年1月に再出版した。

IfZによると、同書の昨年の販売部数は約8万5,000部。学術的内容のため当初の発行部数は4,000部にとどめていたが、図書館や教育機関を中心に注文が殺到し、4月には週刊誌シュピーゲルのノンフィクション部門で1位となった。今月末には第6刷が決まっている。原文が注釈付きで発行されたのは初めて。再販版には解説のほか、約3,700の注釈が加えられており、総ページ数は1,948ページに及ぶ。

同書の再版をめぐっては、ヒトラーやナチス・ドイツの礼賛やネオナチなど極右運動のプロパガンダへの乱用が懸念されていたが、IfZの代表を務めるアンドレアス・ウィルシング教授は「そのような事実は全く見受けられなかった」と断言。反対に、ヒトラーの世界観やプロパガンダの活用に対する討論を通して、全体主義的なイデオロギーが生じた原因やその結果を認知させるのに役立ったと話している。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

VW、新技術に440億ユーロ 自動運転やEVへ=新投資計画(11/19)

ユーロ圏インフレ率、10月は改定値も2.2%(11/19)

政府、大気汚染規制を緩和へ 都市のディーゼル車制限回避で(11/19)

自動車オペル、仏セグラとR&Dで提携(11/19)

コンチネンタル、自動運転車の公道テストへ(11/19)

ルフトハンザ、ケータリング事業の売却検討(11/19)

メルセデス、インドネで販売台数が2桁増(11/19)

国民の過半数「メルケル首相は任期満了を」(11/19)

バイエルン州、警察官の入れ墨の露出を禁止(11/19)

海運マースク、第3四半期は利益横ばい(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン