チェコで約10年ぶりに鳥インフルエンザ検出

チェコの南モラビア州モラバスキー・クルムロフ(Moravsky Krumlov)とイバンチツェ(Ivancice)で、野生の白鳥と農場の家禽(かきん)から鳥インフルエンザウイルスが検出された。同国で感染が確認されたのは約10年ぶり。

初期検査で検出されたウイルスはH5型で、高病原性のH5N8型かどうかは、今後の調査で判明するとしている。

当局は、感染が確認された農場や敷地から半径3キロメートルを保護区域に、半径10キロメートル以内を監視区域に指定。同区域内の複数の農場では約15万羽の家禽(かきん)が飼育されており、感染が見られた鳥は殺処分されるという。

鳥インフルエンザウイルスの検出は昨年末から欧州各地で相次いでいる。チェコの隣国のスロバキアやドイツ、オーストリア、ポーランド、ハンガリーなどでも感染が報告されていた。


関連国・地域: ドイツオーストリアポーランドチェコスロバキアハンガリー
関連業種: 農林・水産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ガスプロム、罰金回避へ EU競争法違反巡る問題に決着(05/25)

PKNオルレン、ウニペトロル残り株取得へ(05/24)

ユーロ未採用の7カ国、導入条件満たさず(05/24)

鉄道車両シュコダ、トランステック全株取得(05/23)

チェコ、ウクライナ人の雇用手続き簡素化へ(05/23)

ヴェオリア、チェコで熱電供給施設を建設へ(05/22)

オートノイム、ハンガリーに部品工場を開設(05/22)

VWの世界販売、4月は10.2%増加(05/21)

ホームクレジットの越法人、米社が初格付け(05/21)

オーストリア航空、成田―ウィーン線を再開(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン