チェコで約10年ぶりに鳥インフルエンザ検出

チェコの南モラビア州モラバスキー・クルムロフ(Moravsky Krumlov)とイバンチツェ(Ivancice)で、野生の白鳥と農場の家禽(かきん)から鳥インフルエンザウイルスが検出された。同国で感染が確認されたのは約10年ぶり。

初期検査で検出されたウイルスはH5型で、高病原性のH5N8型かどうかは、今後の調査で判明するとしている。

当局は、感染が確認された農場や敷地から半径3キロメートルを保護区域に、半径10キロメートル以内を監視区域に指定。同区域内の複数の農場では約15万羽の家禽(かきん)が飼育されており、感染が見られた鳥は殺処分されるという。

鳥インフルエンザウイルスの検出は昨年末から欧州各地で相次いでいる。チェコの隣国のスロバキアやドイツ、オーストリア、ポーランド、ハンガリーなどでも感染が報告されていた。


関連国・地域: ドイツオーストリアポーランドチェコスロバキアハンガリー
関連業種: 農林・水産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

野党・社会民主党、 新党首にハマチェク氏(02/20)

オルバン首相、総選挙前に反移民色強める(02/20)

チェコGDP、第4四半期は5.1%増加(02/19)

スマートウイングス、新たに2路線就航へ(02/19)

VWの世界販売、1月は10.1%増加(02/19)

繊維・衣料品産業、売上高が過去12年で最高(02/19)

チェコのインフレ率、1月は2.2%に減速(02/15)

プラハの賃金、全国平均より3割弱高く(02/15)

ルーマニアとスロバキア、ガス導管で覚書(02/14)

オーシャン、ハンガリーに物流施設を建設へ(02/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン