• 印刷する

チェコで約10年ぶりに鳥インフルエンザ検出

チェコの南モラビア州モラバスキー・クルムロフ(Moravsky Krumlov)とイバンチツェ(Ivancice)で、野生の白鳥と農場の家禽(かきん)から鳥インフルエンザウイルスが検出された。同国で感染が確認されたのは約10年ぶり。

初期検査で検出されたウイルスはH5型で、高病原性のH5N8型かどうかは、今後の調査で判明するとしている。

当局は、感染が確認された農場や敷地から半径3キロメートルを保護区域に、半径10キロメートル以内を監視区域に指定。同区域内の複数の農場では約15万羽の家禽(かきん)が飼育されており、感染が見られた鳥は殺処分されるという。

鳥インフルエンザウイルスの検出は昨年末から欧州各地で相次いでいる。チェコの隣国のスロバキアやドイツ、オーストリア、ポーランド、ハンガリーなどでも感染が報告されていた。


関連国・地域: ドイツオーストリアポーランドチェコスロバキアハンガリー
関連業種: 農林・水産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

チェコでポーランド産牛肉からサルモネラ菌(02/22)

チェコ投資家のメトロ株追加取得に青信号(02/22)

【ウイークリー統計】第31回 有機農場の割合と農薬の販売量(02/21)

ポーランド首相、イスラエル訪問を取りやめ(02/19)

ポルシェ、ブレグジット絡み英で値上げも(02/19)

チェコGDP、第4四半期は2.9%増加(02/18)

VWの世界販売、1月は1.8%減少(02/18)

チェコのインフレ率、1月は2.5%に加速(02/14)

EUの再生可能エネ比率、17.5%に上昇(02/13)

シュコダ、本社工場でEV充電設備を試験(02/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン