• 印刷する

スイス北東部で男が警官2人に発砲=犯人は自殺

スイス北東部アッペンツェル・アウサーローデン準州のレートベル(Rehetobel)で3日、大麻栽培の疑いで家宅捜査を受けていた男(33)が警官2人に発砲し、けがを負わせた。うち1人は重傷。犯人は現場から逃走したが、警察に追い詰められた後に自殺した。AFP通信などが伝えた。

地元警察の発表によると、警察は逃走した男を自宅近くまで追い詰め、電話などで投降を呼び掛けたが、聞き入れられなかった。男は迷彩服に身を包み、リュックサックに入れた爆発装置を起爆すると脅迫して抵抗したが、数時間後に銃で自殺した。男の自宅からは銃に関する雑誌などが発見されたが、テロとの関係はないとしている。

スイスでは一定の条件を満たせば、18歳以上の市民による銃の所持が認められている。人口約800万人に対して200万点近くの銃火器類が出回っているとみられているが、銃犯罪はまれという。


関連国・地域: スイス
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スイス国民投票、食の安全など巡る提案否決(09/25)

スイスの時計輸出、8月は5.5%拡大(09/25)

コペンハーゲン、F1誘致計画を中止(09/25)

スイスの貨物船、ナイジェリアの海賊が襲撃(09/25)

三菱ケミカル、シュワイターに一部事業譲渡(09/25)

食品ネスレ、スキンヘルス事業を売却へ(09/21)

ポルシェなど、ARディスプレー企業に出資(09/21)

GSK、インド事業売却にネスレなど名乗り(09/20)

食品ネスレ、生保部門を米社に売却(09/19)

【欧州企業よもやま話】第263回・アコーホテルズ 中間層向けの「ノボテル」で成功(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン