• 印刷する

イスタンブールのナイトクラブ銃撃、ISが声明

トルコの最大都市イスタンブールのナイトクラブ「レイナ(Reina)」で1日発生した銃撃事件をめぐり、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が2日、犯行声明を出した。同事件をめぐっては少なくとも39人が死亡、69人が負傷した。現地メディアは当局筋の話として、逃走中の犯人はウズベキスタンかキルギス出身の可能性があると伝えている。BBC電子版などが報じた。

ボスポラス海峡に面した「レイナ」は高級ナイトクラブで、歌手やスポーツ選手らも訪れることで知られ、外国人からの人気も高い。事件が発生した午前1時30分ごろ(現地時間)、現場は新年を祝う600人超の客でにぎわっていた。犠牲者のうち少なくとも25人は外国人で、フランス系チュニジア人やトルコ系ベルギー人のほか、ロシア、イスラエル、レバノン、モロッコ、サウジアラビア、インド国籍者らが含まれる。

犯人は単独とみられ、まずナイトクラブの入口付近で警備員と旅行代理店職員を射殺し、計約7分間にわたって最大180発を乱射。逃走前には上着を脱ぎ、侵入時と異なる服装で外に出たとの目撃情報が上がっている。

ISは、昨年トルコで起きた一連のテロ事件のうち少なくとも2件について関与したとされている。IS系メディアは昨年末、信奉者に対して、新年休暇中に欧州でテロ攻撃を行うよう訴え、「花火の代わりに自爆ベルトと自爆装置を、彼らの歌や拍手を泣き声と嘆きに変えよ」と呼び掛けていた。

トルコは昨年2月以降、連続テロに見舞われており、イスタンブールも警官1万7,000人を配置する特別警戒態勢に入っていた。


関連国・地域: フランスベルギートルコロシアウズベキスタンキルギスアジアアフリカ中東欧州
関連業種: 食品・飲料観光メディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

トルコ消費者信頼感、9月は悪化(09/21)

<連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第6回 リーマン・ショック10年 ユーロ圏は強くなったか?(09/21)

米アマゾン、トルコでサービス開始(09/20)

イタリア政府、2026年冬季五輪の招致断念か(09/20)

トルコ、市民権の取得要件を緩和(09/20)

トルコ鉱工業生産、7月は5.6%増に加速(09/19)

露トルコ、シリア北西部に非武装地帯で合意(09/19)

トルコ自動車生産、8月は34%減少(09/18)

ロシア、通貨安懸念で2014年末以来の利上げ(09/18)

トルコ失業率、6月は10.9%に悪化(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン