マドリード市、バスの屋根を緑化へ

スペインの首都マドリード市が、市内を走るバスとバス停の屋根を緑化する。大気汚染対策の一環で、暑さを和らげる効果もあるという。ザ・ローカルが21日伝えた。

今回の取り組みは、マドリード市が環境改善に向けたアイディアを公募し、約800件の応募の中から採用されたもの。二酸化炭素(CO2)排出削減などを目的に、市内のバスとバス停の屋根で植物を育てる計画だ。バス130台に設置する方針で、費用はバス1台当たり約2,500ユーロ。市内を横断し、観光客の利用も多い2路線で試験走行を始める予定だ。

スペインでは、車体の屋根に植物を搭載する事業をフィトキネティック(PhytoKinetc)が行っており、バルセロナなどでも導入事例がある。[環境ニュース]


関連国・地域: スペイン
関連業種: 自動車・二輪車運輸・倉庫社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ライアンエアー、イースター休暇にストも(02/23)

テレフォニカ、第4四半期は5倍に増益(02/23)

S・ガメサ、ボスニアでタービン受注(02/23)

レプソル、ガス・ナトゥラルの株式を売却(02/23)

欧州商用車登録台数、1月は8.2%増加(02/23)

欧州社入札のNZ鉄道工事、受注決定が延期(02/23)

電力イベルドローラ、通期は3.7%増益(02/22)

通信オレンジ、通期は2.2%増益(02/22)

建設ホッホティーフ、通期は25%増益(02/22)

EUへの不法移民、昨年は60%減少(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン