チューリヒのイスラム教施設で銃乱射、3人けが

チューリヒのイスラム教施設で19日午後5時半ごろ(現地時間)、男が銃を乱射し、3人がけがをした。犯人は逃走したが、死亡が確認されている。AFP通信などが伝えた。

現場は中央駅の近くにあるイスラム教施設で、利用者は北アフリカ諸国やエリトリア、ソマリアからの移民が多い。この日は4時45分から礼拝が行われており、信徒が集っていた。けが人には重傷者もいるという。

当局は付近を封鎖し犯人を捜索したところ、現場近くの橋の下で死亡した犯人を見つけた。現時点で犯行声明などは出ておらず、犯人の身元も明らかにされていない。

スイスには現在、45万人のムスリムが住んでいる。同国ではこのところ、イスラム教施設が過激派の温床になっているとの報道が多く流れていた。


関連国・地域: スイスアフリカ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スイスのABB、産業用ロボットの販売強化(07/17)

米モルガン、鉄道車両リースのVTG買収へ(07/17)

ネスレ、NZのあめブランドを売却(07/16)

欧州委、ライアンエアーのラウダ買収を承認(07/16)

ノバルティス、米の抗菌研究拠点を閉鎖へ(07/13)

ネスレ、ベトナムで「マギー」の魚醤発売(07/13)

オーバイクが破綻、欧州で自転車置き去りに(07/13)

【ウイークリー統計】第15回 旅行しない理由と人気旅行先(07/12)

重電ABB、エルステッドから大型受注(07/12)

リヒター、米国市場の不妊治療薬の権利取得(07/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン