• 印刷する

チューリヒのイスラム教施設で銃乱射、3人けが

チューリヒのイスラム教施設で19日午後5時半ごろ(現地時間)、男が銃を乱射し、3人がけがをした。犯人は逃走したが、死亡が確認されている。AFP通信などが伝えた。

現場は中央駅の近くにあるイスラム教施設で、利用者は北アフリカ諸国やエリトリア、ソマリアからの移民が多い。この日は4時45分から礼拝が行われており、信徒が集っていた。けが人には重傷者もいるという。

当局は付近を封鎖し犯人を捜索したところ、現場近くの橋の下で死亡した犯人を見つけた。現時点で犯行声明などは出ておらず、犯人の身元も明らかにされていない。

スイスには現在、45万人のムスリムが住んでいる。同国ではこのところ、イスラム教施設が過激派の温床になっているとの報道が多く流れていた。


関連国・地域: スイスアフリカ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

クレディ・スイス、QIAと民間信用事業(09/21)

ネスレ、中国に穀物センター建設(09/17)

ファーストセンサー、米仏子会社を売却へ(09/16)

仏競争当局、ノバルティスとロシュに罰金(09/11)

IMR、印で鉄鋼年産500万トン目指す(09/10)

ネスレ、リサイクル包装の割合が87%に(09/09)

家庭用の抗体検査キット、英で販売再開(09/08)

スイスポート、8億ユーロの救済策で合意(09/03)

クレディ・スイス、幹部内偵問題で本格捜査(09/03)

ロシュ、新型コロナの迅速抗原検査薬を投入(09/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン