• 印刷する

ロシアの駐トルコ大使、銃撃され死亡

トルコの首都アンカラで19日夕、ロシアのアンドレイ・カルロフ駐トルコ大使が男に銃撃され死亡した。現地英字紙ホリエット・デイリー・ニュース電子版などが伝えた。

犯人は非番中のトルコ人警官とされ、同大使が展覧会の会場でスピーチ中に犯行に及んだ。その際に撮影された映像によると、男は「アレッポを忘れるな。シリアを忘れるな」「アッラーフ・アクバル(神は偉大なり)」と叫びながら8発を発砲した。他にも数人が負傷したもよう。

シリア北部の主要都市アレッポは、ロシアを後ろ盾とするアサド政権が12日までにほぼ全域を制圧したばかり。トルコはこれまで、同政権と対立するシリアの反体制派を支援してきた。


関連国・地域: トルコロシア中東
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ラインメタル、武器禁輸で独政府を提訴へ(01/22)

トルコ、金融不安対策の非常権限を大統領に(01/21)

パルメット、独EWEのトルコ資産を買収か(01/21)

人造石ベレンコ、韓国・ロッテ子会社が買収(01/21)

トルコ中銀、政策金利を24%に据え置き(01/18)

EU、鉄鋼の輸入制限措置を正式に発動(01/18)

トルコ失業率、10月は11.5%に悪化(01/16)

自動車アナドルいすゞ、生産調整へ(01/16)

ポルトガル、強姦の定義広げる法改正案承認(01/15)

トルコ自動車生産、12月は19.2%減少(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン