• 印刷する

ロシアの駐トルコ大使、銃撃され死亡

トルコの首都アンカラで19日夕、ロシアのアンドレイ・カルロフ駐トルコ大使が男に銃撃され死亡した。現地英字紙ホリエット・デイリー・ニュース電子版などが伝えた。

犯人は非番中のトルコ人警官とされ、同大使が展覧会の会場でスピーチ中に犯行に及んだ。その際に撮影された映像によると、男は「アレッポを忘れるな。シリアを忘れるな」「アッラーフ・アクバル(神は偉大なり)」と叫びながら8発を発砲した。他にも数人が負傷したもよう。

シリア北部の主要都市アレッポは、ロシアを後ろ盾とするアサド政権が12日までにほぼ全域を制圧したばかり。トルコはこれまで、同政権と対立するシリアの反体制派を支援してきた。


関連国・地域: トルコロシア中東
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

トルコ自動車生産、5月は3.7%減少(06/18)

トルコ、新たな法人税導入を検討=70億ドル(06/17)

防衛STM、マレーシア向け軍艦3隻建造(06/14)

トルコ失業率、4月は8.5%に改善(06/13)

トルコ鉱工業生産、4月は0.7%減少(06/13)

ボタシュ、ガスプロムとガス販売の合弁設立(06/12)

トルコへのFDI、29%縮小=1~4月(06/12)

トルコ、中国製自動車に40%の追加関税(06/11)

トルコ、輸出産業が拡大=首位は米フォード(06/11)

政府、インドネシアの防衛産業支援に意欲(06/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン