マドリードの名物高層ビル、中国・万達が売却

中国の不動産コングロマリット万達集団(遼寧省大連市)の香港子会社、万達酒店発展は、マドリードの高層ビル「エディフィシオ(Edificio)・エスパーニャ」を現地の同業バラカ(Baraka)・グローバル・インベストに売却する。取引額は2億7,200万ユーロ。

万達酒店発展の欧州統括会社、万達欧州地産投資は2014年、再開発を目指してエディフィシオを2億6,500万ユーロで取得。当初はホテルやショッピングセンターを備えたハイエンドの複合施設へと改修する計画だったが、スペインの政情不安や市場の不透明感からこれを断念したとしている。

25階建てのエディフィシオ・エスパーニャは1953年に完成。高さは117メートルと、当時はマドリードで最も高い建造物だった。[M&A]


関連国・地域: スペインアジア
関連業種: 経済一般・統計商業・サービス建設・不動産観光・娯楽社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ライアンエアー、過去最高益 独西伊を中心に乗客数が拡大(05/22)

建設フェロビアル、豪で廃棄物処理事業検討(05/22)

西政府、カタルーニャ政府の閣僚人事を拒否(05/22)

インダストリアス・ゴル、韓国社が出資(05/21)

VWの世界販売、4月は10.2%増加(05/21)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

ユーロ圏建設業生産、3月は0.3%減少(05/18)

【ウイークリー統計】第7回 原子力発電と輸送部門の再生可能エネ導入(05/17)

NHホテル、中国の海航集団が保有株売却へ(05/16)

ユーロ圏成長率、0.4%に減速 ドイツも減速=2次速報値(05/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン