• 印刷する

英イージージェット、女性パイロットの採用拡大

英格安航空大手イージージェットは15日、2020年までに新規採用するパイロット候補生の20%を女性とする方針を明らかにした。2015年10月に導入した女性パイロットの登用促進プログラム「エイミー・ジョンソン・フライング・イニシアチブ」の一環。プログラムが順調なことを踏まえ、目標を引き上げた格好だ。

イージージェットでは、2015年9月通期の新規採用パイロットのうち、女性が占めた割合はわずか6%。パイロット業界全体で見ると5%にとどまった。ただ、プログラム導入1年目に女性パイロットの応募数は600人超に膨れ上がり、うち33人を採用。女性の新規パイロットの割合を2年後に12%に倍増するとした当初の目標を1年前倒しで達成した。今回新たに設定した目標を達成するためには、2020年までに年間約50人の女性パイロットを新規採用する必要がある。

世界の商業パイロットのうち女性が占める割合はわずか3%。うち機長を務めているのは450人にすぎない。現時点のイージージェットの女性パイロット数は164人で、うち62人が機長を務めている。

なお、プログラム名のエイミー・ジョンソン氏は1930年に英国からオーストラリアへの単独飛行を成功させた女性飛行家。イージージェットはこの日、プログラムの認知度を高めるため、同社が保有する旅客機の1つに同氏の名前を冠している。[労務]


関連国・地域: 英国アジア
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

製薬ノバルティス、4年以内に2千人超整理(09/26)

ヴェルサーチが身売りで合意 米マイケル・コースの傘下に(09/26)

ライアン、伊客室乗務員と労働条件で合意(09/26)

労働党、政府離脱案に反対へ 2度目の国民投票支持も示唆(09/26)

EUの経済委、英拠点の投資銀への規制強化(09/26)

鉱山技術オウトテック、イランから撤退へ(09/26)

金融界の移転先、フランクフルトが優位維持(09/26)

合意なしのEU離脱で航空便の運航に支障も(09/26)

EU、米制裁回避の決済システム構築へ(09/26)

米コムキャスト、スカイの株式30%超を取得(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン