• 印刷する

ネスレ、キットカットの形状の商標登録無効に

欧州一般裁判所は15日、食品で世界最大手のネスレ(スイス)のチョコレート製品「キットカット」について、欧州連合知的財産庁(EUIPO)が2006年に認めた形状の商標登録を無効とする判断を下した。

4本のチョコレートバーが連なった「キットカット」の4フィンガー版の形状をめぐっては、競合の英製菓・飲料大手キャドバリー・シュウェップスが2007年に商標登録の取り消しを申請。EUIPOはこの形状がキットカット特有のものとして認知されているとの見解に基づき、同社の要請を却下していた。

しかし後にキャドバリーの親会社となった米食品大手モンデリーズ(Mondelez)・インターナショナル(旧クラフト・フーズ)がEUIPOの判断を不服として欧州司法裁に提訴。同裁は今回、4フィンガーの形状が当時の全EU加盟国でキットカットのものと幅広く認識されていたとは言えないとして、EUIPOによる商標登録の決定を「法解釈の誤り」と断じている。[EU規制]


関連国・地域: EUスイス
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

スイス西部、土壌のダイオキシン汚染を確認(10/19)

バリーカレボー、カカオの栄養補助飲料発表(10/18)

C・スイス、損失受けた顧客の手数料を免除(10/15)

ジュネーブ空港に「世界初」の免税自販機(10/13)

イタルボルト、電池工場計画でABBと提携(10/13)

チャブ、シグナのアジア・トルコ事業を買収(10/12)

ジュネーブ・モーターショー、3年連続中止(10/11)

バリーカレボー、セルビア工場が稼働開始(10/11)

食品ネスレ、植物由来の卵とエビを開発(10/08)

日立ABB、中東で送電システム受注(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン