• 印刷する

英で「3人の親」持つ子どもの誕生にゴーサイン

英国で「3人の親」を持つ子どもの誕生に正式なゴーサインが出た。英受精胎生認可庁(HFEA)は15日、3人の親の体外受精(IVF)を認可。母性遺伝するミトコンドリア異常から子どもを守るのが目的で、この種のIVFが法的に認められるのは世界初となる。

HFEAの判断は、科学検証を委託していた専門家グループが先に、3人の親によるIVFの安全性を認めたことを受けたもの。このIVFでは、異常のある母親の胚(はい)を、匿名の女性ドナーの胚と入れ替える「ミトコンドリア置換療法(MRT)」を施すことで、深刻な遺伝子疾患を持った子どもの出生数を減らせると期待されている。

英国では新生児の1万人に1人の確率で、年間120人余りにミトコンドリア異常が認められている。うち一部は、糖尿病や筋委縮、視覚異常などの深刻な疾患を発症している。

3人の親による最初のIVFは、イングランド北東部ニューカッスル大学付属のミトコンドリア研究を手掛けるウェルカムトラストセンターで、早ければ来年3月か4月に実施される予定。同センターのターンブル所長は、年間最大25人の患者を慎重に選出し治療する方針を明らかにしている。

同治療をめぐっては、英上下両院が昨年2月、これを可能とする法案を世界で初めて可決していた。一方、反対派はこれが優良な遺伝子のみを選出し「デザイナー・ベイビー」を作り出す道を開くとして問題視している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ギガファクトリー建設で協議 政府や自治体、フォードなど6社と(06/17)

C・スイス、グリーンシル巡り保険金請求へ(06/17)

インフレ率、5月は2.1%に加速(06/17)

生産者物価、5月は4.6%上昇(06/17)

ロンドンでレンタル電動キックボード試運用(06/17)

英国、介護施設職員のワクチン接種義務化へ(06/17)

家具販売アルロ、タイ同業が買収(06/17)

食事宅配の欧州最大手、グラブハブ買収完了(06/16)

英豪首脳、FTAで大筋合意 自動車やスコッチ輸出で恩恵(06/16)

失業率、4月は4.7%に改善(06/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン