米当局、「スヌース」の警告表示義務を解除せず

米食品医薬品局(FDA)は14日、かぎたばこ大手スウェディッシュ・マッチ(スウェーデン)の北米子会社が申請していた、かぎたばこ「スヌース」の8製品について、歯周病や歯の喪失といったリスク表示義務の解除申請を退けた。ただこれ以外の義務については、将来的な解除や見直しの可能性を示唆している。

FDAは今回、「スヌース」が一般的なたばこよりも健康被害のリスクが少ないとの表現を認めるかについて判断を留保。口腔がんを引き起こすリスクの表示義務を失くすかについても決定を見送った。

「スヌース」はたばこの葉をティーバッグのような袋に入れ、上唇と歯の間に挟んで味わう。スウェーデンでは17~18世紀に広まり、現在では一般的なたばこ以上に愛用者が多い。

「スヌース」は隣国ノルウェーでも若者の間で人気が高まっている。同国で来年の施行が見込まれるたばこパッケージの無地化法は、スヌースにも適用される方向だ。


関連国・地域: スウェーデンノルウェー米国カナダ
関連業種: 製造一般農林・水産政治

その他記事

すべての文頭を開く

リコー、産業印刷分野でカラーリールと協業(05/18)

テルベイスタロ、国内競合を取得へ(05/18)

オカド、米クローガーと提携 食品配達向け技術提供=米国進出(05/18)

丸紅、蓄電池ノースボルトと協業検討(05/17)

補聴器ワイデックス、同業シバントスと合併(05/17)

【ウイークリー統計】第7回 原子力発電と輸送部門の再生可能エネ導入(05/17)

ベスタス、風力発電所設置で2社と提携(05/17)

サンドビック、オウトクンプとの合弁解消(05/17)

エリクソン、印Rコムへの倒産法適用を申請(05/17)

コムビック、越モビフォンへの出資に意欲(05/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン