• 印刷する

米EVテスラ、ノルウェーでの集団訴訟で和解

ノルウェーで米電気自動車(EV)大手テスラ(Tesla)モーターズのセダン「モデルS PD85」のオーナー126人が、加速性能に問題があるとして同社を提訴していた問題で、法廷外での和解が成立したもようだ。オスロ地方裁判所の発表を元に、ロイター通信などが12日伝えた。

オーナーらは、同モデルの最高出力が469馬力にとどまり、販売時に約束された700馬力を大幅に下回るとして、同社を訴えていた。裁判はこの日に開始される予定だったが、オーナー側弁護士とテスラは同裁判所に連名で書簡を送付し、和解が成立したため訴えを取り下げる意向を伝えた。

和解の内容は明らかにされていないが、現地経済紙ダゲンス・ナリングスリフは先に、テスラがオーナー1人当たり6万5,000ノルウェークローネ(7,700ドル)を支払うことで合意したと伝えている。これは、原告側が求めていた補償金の半額に当たる。オーナーは補償金の代わりに、上位モデルとの無料交換を選ぶこともできるという。

「モデルS PD85」はノルウェーではもう販売されていないが、同等モデルは車両本体価格9万5,000~13万5,000ドルで販売されている。政府が手厚い税制優遇などでEV普及を促進するノルウェーは、テスラにとって米国に次ぐ第2の市場。ただ、ハイブリッド車(HV)との競合激化を背景に、今年1~11月の同国での販売台数は2,800台と、前年同期比24%落ち込んでいる。[環境ニュース]


関連国・地域: ノルウェー米国
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

石油OMV、チュニジア上流事業を売却(11/08)

格安航空3社の輸送実績、10月も軒並み好調(11/07)

アルテルコ、通信子会社5社をリンクに売却(10/31)

石油エクイノール、第3四半期は利益倍増(10/30)

露とノルウェー、バレンツ海の資源情報交換(10/29)

ノルスク・ヒドロ、第3四半期は58%減益(10/25)

PGNiG、エクイノールのガス田権益取得(10/22)

ティッセン、米MSと共同開発ソフトを導入(10/22)

ブラックキャブのEV版、来年にパリ進出(10/22)

出版アルバトロス、競合パンテオンを買収(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン