チェコ下院、飲食店の全面禁煙法案を可決

チェコ下院(定数200)は9日、レストランやバーなど飲食店での喫煙を全面的に禁止する法案を118対23の賛成多数で可決した。上院と大統領の承認を経て、2017年5月31日に施行される見通し。ロイター通信などが伝えた。

同法案は保健省が3年ほど前に提案。今回の法案では劇場や屋内スポーツ施設なども全面禁煙となる。ただ、電子たばこは対象外となっている。また、法案成立に向け、レストランのドリンクメニューにアルコール飲料よりも安価なノンアルコール飲料を加えることを義務付ける条項は外された。

欧州連合(EU)ではこれまでに、加盟28カ国のうち17カ国がこれに類似する禁煙法を導入している。チェコでは2010年、2度目の禁煙法が制定され、レストランやバーは喫煙の可否を示すステッカーを入口に張ることや、喫煙が可能な場合も分煙措置を導入することが義務付けられたが、それまでの法律と大きく変わらないと批判を浴びていた。

チェコの喫煙率は28%とEU平均の24%をやや上回り、喫煙者の4割を15~24歳の若者が占めるとされる。喫煙に起因する死亡件数は年間1万8,000件に上る。


関連国・地域: チェコ
関連業種: 社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

チェコ貿易収支、5月は黒字縮小(07/18)

チェコのインフレ率、6月は2.6%に加速(07/17)

チェコ失業率、6月は過去22年で最低(07/17)

プラハ1区、落書き撲滅チームを立ち上げ(07/17)

チェコ鉱工業生産、5月は1.4%増加(07/16)

プラハ1区で自転車乗り入れを制限(07/16)

チェコでバビシュ新政権が正式発足(07/13)

ラガルデール、オンラインヘルス事業売却へ(07/13)

【ウイークリー統計】第15回 旅行しない理由と人気旅行先(07/12)

シュコダとシーメンス、チェコ鉄道から受注(07/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン