ブルガリアで貨物列車が脱線・爆発=7人死亡

ブルガリア北東部シュメン州のヒトリノ(Hitrino)で10日午前5時30分ごろ(現地時間)、液化石油ガス(LPG)を運ぶ貨物列車が脱線・爆発し、少なくとも7人が死亡、20人超が重軽傷を負った。BBC電子版などが伝えた。

貨物列車はヒトリノの駅付近で脱線。輸送中のガスタンクが送電線に接触し爆発が起きた。被害は周辺の住宅や公共施設などにも及び、約200人の消防隊員が消火や救助活動にあたった。事故原因は現在調査中だが、速度違反の可能性が高いとみられる。

当局はヒトリノの全住民に対し避難を指示。ブルガリア政府は11日、災害対策組織を設置し、非常事態宣言を発令した。脱線したタンク内に残る可燃性ガスの除去作業は12日までに完了したが、避難命令は同日時点で解除されていない。


関連国・地域: ブルガリア
関連業種: 運輸・倉庫社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

CEZ、ブルガリア事業の売却認められず(07/23)

【ウイークリー統計】第16回 物価水準と家計支出(07/19)

中国・恒源電動汽車、ブルガリアに新工場(07/17)

ナビブルガル、中国行から1億ドル近く確保(07/12)

ブルガリア、黒海の油ガス探査の入札準備(07/12)

EUの人口、5億1300万人に拡大(07/12)

ソフィア地下鉄、延伸設計を地元企業に発注(07/04)

ブルガリア、ソフィア空港の運営権入札承認(06/29)

裁判所、ウーバーの営業認可 TfLとのルール順守が条件(06/28)

セルビアなど3カ国、5G回廊創設で合意(06/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン