• 印刷する

イスタンブールで連続爆弾テロ、38人死亡

イスタンブールで10日午後10時20分ごろ(現地時間)、 自動車爆弾と自爆によるテロが起き、少なくとも38人が死亡、155人以上がけがをした。トルコ政府は、同国からの分離独立を目指すクルド人武装組織「クルド労働者党(PKK)」によるものとの見方を示している。現地英字紙ホリエット・デイリー・ニュース電子版などが伝えた。

現場はサッカースタジアム「ボーダフォン・アリーナ」付近で、国内リーグの試合の約1時間半後に発生。爆発物を乗せた車が警官隊を狙って爆発した直後、近くの公園で自爆テロが起きた。犠牲者のうち30人が警官、民間人が7人で、試合を行ったクラブチームは、死亡者にサポーターは含まれていなかったとの声明を出している。

当局は、テロに使われた車は遠隔操作されていたと発表。事件への関与が疑われる13人を拘束した。犯行声明は出されていないが、ソイル内相は記者会見で「PKKの関与を指し示す証拠が出ており、当局は計画と実行の枠組みについても情報を得ている」と述べている。トルコではPKKに加え、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」もテロ行為を繰り返している。


関連国・地域: トルコ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

トルクセル、政府系ファンドが支配権獲得(10/28)

トルコ製造業景況感、10月も改善(10/27)

トルコ中銀、政策金利を10.25%に据え置き(10/27)

トルコ自動車合弁、EV電池で中国社と提携(10/26)

トルコ消費者信頼感、10月はわずかに悪化(10/23)

ギリシャ、EU・トルコ関税同盟停止を要求(10/22)

トルコ与党、法人税引き下げ法案を提出(10/20)

トルコ初のリチウム工場、年内に生産開始へ(10/20)

ギリシャ、トルコ国境でフェンス設置を開始(10/19)

米国、ナゴルノ・カラバフ巡りトルコ批判(10/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン