• 印刷する

スイス、日本と2018年から金融口座情報を交換

スイス政府と日本政府は9日、税務行政執行共助条約に基づき両国の金融機関にある口座情報を自動的に交換すると発表した。2017年以後の課税期間に関する金融口座の情報について、2018年から開始する。これにより国際的な脱税や租税回避を防ぐ。

スイスの銀行は厳格な守秘義務で知られ国外の富裕層などから資産を集めてきたが、脱税やマネーロンダリング(資金洗浄)を助長しているとの批判の高まりからスイスは規制の強化に着手。経済協力開発機構(OECD)が策定した国際的な情報交換の枠組みに基づいて、各国と金融口座情報の自動交換に向けた協定締結を進めている。

すでに欧州連合(EU)加盟28カ国、英領ジブラルタル、オーストラリアとは来年から開始することを決め、2018年からは日本のほかアイスランド、ノルウェー、カナダ、韓国、英領のジャージー島、ガンジー島、マン島も対象とする。さらに12月初めには、アルゼンチンやブラジル、インド、イスラエル、南アフリカなど21カ国にも広げることを決め、2019年からの情報交換の開始を予定している。

この制度により全銀行は毎年、税務当局に顧客の配当収入や株式売却益なども含めた口座情報を伝え、顧客のうち国外居住者については、この情報が顧客の居住国の税務当局に伝えられることになる。


関連国・地域: 英国EUスイスノルウェーアイスランドアジアアフリカ中東中南米カナダ
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

大型客船、ノルウェー沖でエンジン停止(03/26)

日立造船、英でごみ焼却発電プラント建設へ(03/26)

欧州各地でEUの新著作権法への抗議デモ(03/26)

物流DKSH、越医薬品ビンファと戦略提携(03/25)

ポーランド人の2割が技術進歩での失業懸念(03/25)

スイスのバーゼルで男児刺殺、75歳の女逮捕(03/25)

ネスレ、インドネで低糖食品など販売強化へ(03/22)

スイスの時計輸出、2月は3.4%拡大(03/21)

生活費の高い都市ランキング、パリが首位に(03/20)

ロシュ、印で糖尿病治療拠点を共同設置(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン