• 印刷する

EU、新本部の内部を公開=ランタン型が特徴

欧州連合(EU)は7日、ベルギーの首都ブリュッセルに建設した新本部を公開した。四角い建物の内部に大きなランタン型の構造物があり、愛称は「スペースエッグ」。建設費は3億2,100万ユーロに上った。

新本部は、既存の施設に隣接する形で建てられた。ランタン型の構造物は11階建てでガラスに覆われ、枠組みにはEU加盟28カ国から集めた窓枠を再利用することで「多様性」と「統合」を表した。中心部には首脳会議(サミット)が開かれる会議室があり、カーペットと天井がカラフルな虹色に彩られている。

12月10日に一般公開され、約2,000人が招待される。その後、数週間の試用期間を経て、来年1月の欧州理事会の本会議で使用が開始される見通し。同年3月には加盟国による最初のサミットが開かれる予定だ。

新本部の建設費は2004年の当初見通しである2億4,000万ユーロから膨らんだ。加盟国が財政支出の削減に取り組む中、巨額の費用が投じられたことは既に批判の的になっている。

内部が公開されたEUの新本部(欧州理事会提供)

内部が公開されたEUの新本部(欧州理事会提供)


関連国・地域: EUベルギー
関連業種: その他製造建設・不動産マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

VW、イランから撤退か=米政府の説得で(09/21)

サンタンデールUK、一部資産を本体に移管(09/21)

英国の離脱案「機能しない」 10月の進展が焦点=EU首脳会議(09/21)

<連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第6回 リーマン・ショック10年 ユーロ圏は強くなったか?(09/21)

欧州委、競争問題でアマゾンの予備調査開始(09/21)

欧州委、米エアビーの利用条件是正を評価(09/21)

欧州司法評議会、ポーランドの加盟資格停止(09/20)

ヴァレオとワブコ、センサー技術開発で覚書(09/20)

シュコダ、EVと自動運転に20億ユーロ投資(09/20)

欧州新車登録、31.2%増加 WLTP適用前モデルの値引きで(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン