• 印刷する

フィンランド南東部で銃乱射、女性3人が死亡

フィンランド南東部のイマトラ(Imatra)で3日夜、23歳の男が猟銃を乱射し、女性3人が頭や腹部を撃たれ死亡した。男は直後に逮捕された。BBC電子版などが伝えた。

国営放送Yleによると、被害者は地元の議会議長とジャーナリスト2人で、レストランから出てきたところを襲撃された。男は地元出身で、逮捕歴がある。ただ、被害者とは面識がなく、政治的な動機などは確認されなかったことなどから、警察は無差別襲撃だった可能性が高いとみている。

フィンランドは世界で最も銃保有率が高い国の1つとして知られる。狩猟愛好家が多いためで、人口約540万人のうち6万5,000人近くが銃を保有しているとされる。ただ、銃による死亡事故はまれという。


関連国・地域: フィンランド
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

チェコとドイツ、AI拠点開設に向け協力(05/22)

AIのプロウラー、2400万ドル調達(05/21)

欧州委、通信テリアのボニエ買収を本格調査(05/14)

リビア、欧州企業の事業免許差し止めも(05/13)

フィンランドの社会民主党、連立交渉を開始(05/10)

<連載コラム・エネルギーTODAY>第32回 サステナブル・ファイナンス巡る法制化進むEU(05/10)

投資PPF、鉄道車両シュコダ株10%を売却(05/09)

首相「EPPの欧州委員長候補を不支持」(05/08)

独仏、次世代EV電池開発の同盟結成へ(05/07)

オウトテック、サウジで金プロジェクト受注(05/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン