• 印刷する

フィンランド南東部で銃乱射、女性3人が死亡

フィンランド南東部のイマトラ(Imatra)で3日夜、23歳の男が猟銃を乱射し、女性3人が頭や腹部を撃たれ死亡した。男は直後に逮捕された。BBC電子版などが伝えた。

国営放送Yleによると、被害者は地元の議会議長とジャーナリスト2人で、レストランから出てきたところを襲撃された。男は地元出身で、逮捕歴がある。ただ、被害者とは面識がなく、政治的な動機などは確認されなかったことなどから、警察は無差別襲撃だった可能性が高いとみている。

フィンランドは世界で最も銃保有率が高い国の1つとして知られる。狩猟愛好家が多いためで、人口約540万人のうち6万5,000人近くが銃を保有しているとされる。ただ、銃による死亡事故はまれという。


関連国・地域: フィンランド
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エコレント破綻でケニア社のサービス停止(12/01)

南ア社、フィンランドのリチウム事業に投資(11/30)

フィンランド、インドネシアと首都開発協議(11/30)

フィンランド政府、超過利潤税の導入準備(11/25)

裁判所「ガスムにルーブル決済の義務なし」(11/18)

電力フォータム、第3四半期は45%増益(11/11)

JAL、ネステ・伊藤忠とSAF調達契約(11/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン