• 印刷する

英国で「3人の親」を持つ子ども誕生も

英国で近く、「3人の親」を持つ子どもが誕生する可能性が出てきた。専門家グループが11月30日、3人の親の体外受精(IVF)の安全性を認める結論を下したためで、英受精胎生認可庁(HFEA)は15日にも、実施認可の是非を決める見通しだ。ガーディアンなどが伝えた。

今回、実施が見込まれるのは、母親のミトコンドリア異常による子供の難病を防ぐのを目的とした「ミトコンドリア置換療法(MRT)」を施した体外受精。英国では年間約100人の子供にミトコンドリア異常が認められており、そのうち1割が脳損傷や筋委縮、心不全、視覚異常などの深刻な疾患を発症している。

ミトコンドリア置換療法では、体外受精を行う際に、異常のある母親の胚(はい)を、匿名の女性ドナーの胚と入れ替えることで、深刻な遺伝子疾患を持った子どもの出生数を減らすことが可能になるとされる。ただ、治療を受けた子どもは遺伝子的に2人の母親に父親を加えた「3人の親」を持つことになることから、キリスト教慈善団体などが反対している。

同治療を巡っては、英上院が2015年2月、これを可能とする法案を世界で初めて可決。HFEAは実施に先立ち、専門家グループに科学検証を委託していた。今回、これが認可された場合、イングランド北東部ニューカッスルの不妊治療センターで、最初の治療が施される予定。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

離脱協定案の支持求める メイ首相、英産業連盟の総会で(11/20)

グループIB、星に国際事業本部を開設へ(11/20)

ネスプレッソ、持続可能なアルミ導入へ(11/20)

A・ミタルと新日鉄住金、印社買収で承認(11/20)

メイ首相不信任投票への動きに失速の気配(11/20)

独経済相、マイナス成長受け減税策を検討(11/20)

新聞ジョンストン・プレス、社債権者が買収(11/20)

金融TSB、新CEOにクロスビー氏を指名(11/20)

ドイツ、サウジ政府関係者18人を入国禁止(11/20)

鉄道ヴァージン・トレインズ、米国進出(11/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン