• 印刷する

英国で「3人の親」を持つ子ども誕生も

英国で近く、「3人の親」を持つ子どもが誕生する可能性が出てきた。専門家グループが11月30日、3人の親の体外受精(IVF)の安全性を認める結論を下したためで、英受精胎生認可庁(HFEA)は15日にも、実施認可の是非を決める見通しだ。ガーディアンなどが伝えた。

今回、実施が見込まれるのは、母親のミトコンドリア異常による子供の難病を防ぐのを目的とした「ミトコンドリア置換療法(MRT)」を施した体外受精。英国では年間約100人の子供にミトコンドリア異常が認められており、そのうち1割が脳損傷や筋委縮、心不全、視覚異常などの深刻な疾患を発症している。

ミトコンドリア置換療法では、体外受精を行う際に、異常のある母親の胚(はい)を、匿名の女性ドナーの胚と入れ替えることで、深刻な遺伝子疾患を持った子どもの出生数を減らすことが可能になるとされる。ただ、治療を受けた子どもは遺伝子的に2人の母親に父親を加えた「3人の親」を持つことになることから、キリスト教慈善団体などが反対している。

同治療を巡っては、英上院が2015年2月、これを可能とする法案を世界で初めて可決。HFEAは実施に先立ち、専門家グループに科学検証を委託していた。今回、これが認可された場合、イングランド北東部ニューカッスルの不妊治療センターで、最初の治療が施される予定。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

【中村航の西方見聞録】英国でも広がる?反ワクチン反マスク運動(09/29)

ロンドンで飲食店全面閉鎖も 世帯間交流も禁止の可能性(09/29)

イングランド、自主隔離違反を違法化(09/29)

ウィリアム・ヒル、米社と身売り協議(09/29)

ウーバー、ロンドンで事業免許1年半更新(09/29)

英・EU貿易交渉が再開=期限目前に正念場(09/29)

スーパーのアルディ、英で13億ポンド投資へ(09/29)

保険LV=、身売りへ複数社と協議入り(09/29)

リオ・ティント、大連港と保税業務で提携(09/29)

英保険アビバ、仏事業売却で複数社と協議か(09/28)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン