• 印刷する

ベルギーとオランダ、飛び地の交換で合意

ベルギーとオランダの両政府は、両国を流れるマース川沿いの一部領土を交換することで合意した。自由に行き来できなかった無人の飛び地問題に決着をつけた形だ。

対象となるのは、オランダ南東部リンブルフ州のアイスデン(Eijsden)とベルギー東部リエージュ州ビゼ(Wezet)に挟まれた一帯。両国の境界となっていたマース川の船舶の航行を円滑にするため、1961年に湾曲していた川を直線状に伸ばす工事が行われた結果、それぞれの領土の一部が川の反対側に移る格好となっていた。こうした飛び地は本国の治安当局の管轄であるため、地元警察が自由に立ち入ることができず、半ば無法地帯化していた。

今回、ベルギーが約14万平方メートルの土地を手放す代わりに、オランダから約3万平方メートルの土地を譲り受けることで双方の不便を解消。合意文書の署名式にはベルギーのレインデルス副首相兼外務・欧州問題・ブリュッセル・連邦文化機関相とオランダのクーンデルス外相のほか、両国の王室メンバーが出席した。


関連国・地域: ベルギーオランダ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ベルギー、使い捨てプラを段階的に廃止へ(09/22)

ブリュッセル、飲食店でワクチン証明義務化(09/15)

シスメックス、オランダ社との訴訟で勝訴(08/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン