• 印刷する

ロンドン・シティー区に最高層ビル誕生へ

国際金融街を擁するロンドンのシティー区は、区内で最高層となる73階建てビルの建設に青信号を出した。英国の欧州連合(EU)離脱決定による先行き不透明感から、オフィスビルの新規建設ペースが減速するロンドンにとり朗報といえそうだ。ロイター通信などが伝えた。

建設予定の「アンダーシャフト(Undershaft)1番地」の通称は、格子を意味する「ザ・トレリス(Trellis)」。高さは304.94メートルで、同じくシティーを飾る「122リーデンホールストリート」(通称チーズグレーター、225メートル)や、「セントメリー・アクス30番地」(通称ガーキン、180メートル)を上回る。西欧ではテムズ川を挟んで対岸に位置する「ザ・シャード」の310メートルに次ぎ、2番目の高さとなる。オフィススペースは約1万人が入居可能で、最上階には展望台やレストランが設けられる。建設はシンガポールのデペロッパー、アロランド(Aroland)・ホールディングスが請け負う。

大手会計事務所デロイトによると、ロンドンの4~9月の新規オフィス着工件数は、前年同期比42%減少している。

シティー区で最高層となる「アンダーシャフト1番地」のイメージ図(アロランド・ホールディングス提供)

シティー区で最高層となる「アンダーシャフト1番地」のイメージ図(アロランド・ホールディングス提供)


関連国・地域: 英国EUスイス欧州
関連業種: 食品・飲料金融建設・不動産観光マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

ユニリーバ、管理職20%削減 事業を5部門に再編=構造改革(01/26)

政府保証融資の不正で担当閣僚が抗議の辞任(01/26)

英、入国規制緩和の発表で旅行予約が急増(01/26)

英首相官邸、規制下で首相の誕生日会か(01/26)

財政赤字、12月は大幅縮小(01/26)

南ア資源シバンイェ、英社から鉱山取得中止(01/26)

HSBC、香港で出社制限を強化(01/26)

米英、ウクライナから大使館職員家族ら退避(01/25)

英、接種者の入国後検査撤廃 未接種者も規制緩和=2月11日から(01/25)

セルビア、リオ・ティントの鉱床開発を中止(01/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン