オランダ、公共の場でのブルカ禁止法案可決

オランダの下院(定数150)は11月29日、イスラム教徒の女性が着用する顔全体を覆うベール「ブルカ」について、一部の公共スペースでの着用を禁止する法案を、賛成132票の圧倒的多数で可決した。BBC電子版などが伝えた。

法案が上院での承認を経て成立すれば、学校、病院、市庁舎など公的な建物、公共交通機関などで「ブルカ」や「ニカブ」を着けることができなくなるほか、スキーマスク、ヘルメットなどの着用も併せて禁じられる。違反者には最大410ユーロの罰金を科す規定だ。

オランダではこうしたベールを着用する女性は100~400人とされるが、反移民政策を掲げる極右・自由党(PVV)のヘルト・ウィルダース党首がかねて禁止すべきと主張していた。ルッテ首相率いる中道右派・自由民主党(VVD)と労働党の連立政権も公共施設での安全確保に不可欠と法案を支持。しかし、反対派は反イスラム感情に迎合するものと批判している。


関連国・地域: オランダ
関連業種: 医療・薬品アパレル・繊維運輸・倉庫社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

アクゾ、印で生産増強に400万ユーロ投資(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ユニボールの豪社買収、取引成立に青信号(05/25)

蓄電池ゾンネン、石油シェルが出資(05/24)

欧州の旅行先ランキング、伊北東部が首位に(05/24)

ウェールズの鉄道運営権、仏西連合が落札(05/24)

海航集団など、ブルガリアの空港に投資へ(05/22)

トルコの大統領、ボスニアへの投資を公約(05/22)

スペーシズ、比に大規模な共有オフィス開設(05/21)

DEPA、送ガス子会社を伊エニに売却(05/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン