製菓キャドバリー、フェアトレード認証を自前に

米食品大手モンデリーズ(Mondelez)・インターナショナル(旧クラフト・フーズ)は、英国とアイルランドで販売する傘下のチョコレートブランド「キャドバリー」のフェアトレード認証を、従来の国際基準から自前の「ココアライフ」に一本化する方針だ。これを受け業界では、国際認証ラベルを使用しない企業が増え、基準が損なわれるとの懸念が広がっている。

キャドバリーは2009年からミルクバーなどの主力商品を中心に、パッケージの表面に国際フェアトレード認証ラベルを表示してきた。今後はこれを「ココアライフ」のマークに入れ替え、裏面に国際フェアトレードラベル機構との提携を示すという。2017年5月から順次導入し、2019年までに全商品に適用する。

英国の国際フェアトレード認証ラベル推進組織であるフェアトレード財団はこの動きを歓迎。同財団のバーバラ・クローザー政策・広報責任者は「両者の関係は終わりではなく、変化する」とコメント。「ココアライフ」の進捗(しんちょく)状況を独自に評価していくと述べた。

モンデリーズは2008年、カカオ農家の持続的な成長を後押しするため、独自の「ココアライフ」プログラムを開始。カカオの主要産出国であるガーナ、コートジボワール、インドネシア、ドミニカ共和国、インド、ブラジルの20万軒のカカオ農家を対象に、2022年までに総額4億ドルを支援する内容で、これまでに795軒以上が対象となった。ガーナでは、プログラムの対象となった農家の収入水準は対象外の農家に比べ49%高くなっているという。[環境ニュース]


関連国・地域: 英国アジア米国アフリカ中南米
関連業種: 食品・飲料農林・水産商業・サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

パディー・パワー、米事業を米社と統合(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

小売売上高、4月は1.6%増加(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

生産者物価、4月は2.7%上昇(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

GFG、豪VIC州にEV製造拠点を建設か(05/25)

資源リオ、インドネの鉱山の権益売却を否定(05/25)

インフレ率、2.4%に減速 2017年3月以降で最低(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン