• 印刷する

蘭中部で鳥インフルエンザ検出=19万羽を殺処分

オランダ食品・消費者製品安全庁(NVWA)は26日、中部フレボラント州のビッディングハイゼン(Biddinghuizen)の農場で鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。これに伴い、計19万羽のアヒルが殺処分された。

アヒルの死骸から検出されたウイルスは高病原性のH5N8型。当局は感染拡大を防ぐため、同農場のアヒル18万羽と、半径1キロメートル以内の農場のアヒル1万羽を処分している。

当局は今回、ウイルスが見つかった農場から半径3キロメートル以内の飼育場3カ所を監視対象としたほか、半径10キロメートル以内を家禽(かきん)の移動禁止区域に指定した。

ウイルスの感染は欧州各地で相次いでいる。ドイツとスイス、オーストリアの国境にあるボーデン湖(別称コンスタンツ湖)付近やハンガリー、ポーランドなどでも野鳥の感染事例が報告されており、各国当局が対策に乗り出している。


関連国・地域: ドイツオーストリアスイスオランダポーランドハンガリー
関連業種: 医療・医薬品農林・水産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

OTP、ソジェンのブルガリア事業買収完了(01/18)

プラスチック廃棄物除去のアライアンス始動(01/18)

英プレミア・フーズ、CFOが暫定CEOへ(01/18)

英CWG、賃貸契約で欧州当局と法廷闘争(01/18)

英独立党党首ら、ルペン氏の政治会派に合流(01/18)

物流DSV、スイスのパナルピナに買収提案(01/17)

蘭裁判所「デリバルー配達員は被用者」(01/17)

プラハ空港、昨年の利用者数が過去最高更新(01/17)

ブロックチェーン取引VAKT、トタルなど参加(01/17)

ユーロ圏貿易収支、11月は黒字縮小(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン