• 印刷する

オーストリアで難民による犯罪が急増

オーストリアで難民による犯罪件数が急増している。ソボトカ内相が議会で明らかにした最新統計を元に、ザ・ローカルなどが22日伝えた。

それによると、首都ウィーンではアフガニスタン出身者による犯罪件数が年初からの8カ月間で960件に達し、昨年通年の730件を既に上回った。アルジェリア出身者は1,353件(昨年は1,229件)、ナイジェリア出身者は1,280件(同1,168件)にそれぞれ増えている。地域別ではウィーンでの発生件数が最も多く、これに北東部ニーダーエスターライヒ州が続いた。最も少なかったのは東部のブルゲンラント州だった。

難民の流入数も拡大している。今年は8月末時点でアフガニスタン人5,618人、ナイジェリア人683人、アルジェリア人183人がウィーンに滞在しており、1年前からそれぞれ3,442人、240人、119人増えた。

難民による犯罪の総件数は2015年の初めから38.8%拡大。窃盗が最も多く、これに身体的危害が続く。

なお、難民センターへの攻撃も増加している。内務省によると今年上半期(1~6月)は24件と昨年通年の25件とほぼ同数に達し、主に放火や器物破損、ネオナチの落書き、ヘイトスピーチなどが報告されている。


関連国・地域: オーストリアアジアアフリカ
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州投資銀、ボレアリスに2.5億ユーロ融資(09/28)

伊藤忠、ボレアリスとバイオPPで提携(09/28)

ギュッシング、タイで発電所を増設へ(09/28)

石油OMV、ガス導管子会社の過半数株売却(09/24)

英の新原発巡る裁判、原告が敗訴=建設続行(09/23)

サウジ社、ブルガリアの太陽光発電所を売却(09/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン