• 印刷する

ルフトハンザ航空、パイロットが24時間スト

独ルフトハンザ航空のパイロット労組VCは、23日に24時間ストライキを実施すると発表した。賃金などをめぐる経営側との交渉が物別れに終わったため。この問題を発端とするストは、2014年4月から14回目となる。

ルフトハンザは23日にドイツを出発する約3,000便のうち、長距離便51便を含む876便をキャンセル。約10万人の足に影響する見通しだ。傘下の格安航空ジャーマンウイングスとユーロウイングス、オーストリア航空、スイスインターナショナルなどは通常通り運航する。貨物部門ルフトハンザ・カーゴは今後ストを決行する可能性があり、VCは実施の24時間前に詳細を発表するとしている。

VCは、過去5年にさかのぼって年間平均3.66%の賃上げを適用するよう求めている。一方、経営側は2018年末まで2.5%の引き上げを提示していた。

なおユーロウイングスの客室乗務員は、22日午前5時~午後8時(現地時間)にストを打った。地上職スタッフが参加するサービス業の統一労組ヴェルディ(Ver.di)によると、約460人が参加。計60便に影響が出た。


関連国・地域: ドイツオーストリアスイス
関連業種: 運輸雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

海運マースク、第3四半期は利益横ばい(11/16)

産業ガスのリンデ、1~9月期は4.2%増益(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

製糖ノルトツッカー、豪マッカイと買収協議(11/16)

化学ヘンケル、第3四半期は8.9%増益(11/16)

イネオス、オフロード車の生産拠点近く決定(11/16)

シクスト、第3四半期は27.3%増益(11/16)

ダイムラー、北京に第2のR&D拠点を新設(11/16)

メルセデス、中国産の「EQC」を来年発売(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン