• 印刷する

ルフトハンザ航空、パイロットが24時間スト

独ルフトハンザ航空のパイロット労組VCは、23日に24時間ストライキを実施すると発表した。賃金などをめぐる経営側との交渉が物別れに終わったため。この問題を発端とするストは、2014年4月から14回目となる。

ルフトハンザは23日にドイツを出発する約3,000便のうち、長距離便51便を含む876便をキャンセル。約10万人の足に影響する見通しだ。傘下の格安航空ジャーマンウイングスとユーロウイングス、オーストリア航空、スイスインターナショナルなどは通常通り運航する。貨物部門ルフトハンザ・カーゴは今後ストを決行する可能性があり、VCは実施の24時間前に詳細を発表するとしている。

VCは、過去5年にさかのぼって年間平均3.66%の賃上げを適用するよう求めている。一方、経営側は2018年末まで2.5%の引き上げを提示していた。

なおユーロウイングスの客室乗務員は、22日午前5時~午後8時(現地時間)にストを打った。地上職スタッフが参加するサービス業の統一労組ヴェルディ(Ver.di)によると、約460人が参加。計60便に影響が出た。


関連国・地域: ドイツオーストリアスイス
関連業種: 運輸雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ティッセン、イスラエルから潜水艦受注(01/21)

独製薬スタダ、ルーマニアで生産施設を建設(01/21)

生産者物価、12月は24.2%上昇=過去最大(01/21)

ワイヤーカード問題、当局への賠償請求却下(01/21)

ローゼンバーガー、中国に生産拠点設置へ(01/21)

米カーライル、欧州最大のファンド設立へ(01/21)

独、感染者数が過去最多に 初の10万人超え=2月にピークも(01/20)

独、ウクライナに「水素外交」拠点設置へ(01/20)

VWとボッシュ、バッテリー生産支援で提携(01/20)

司法省、医師に対する中絶規制の緩和を提案(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン