スイス大統領、英国のEFTA復帰を歓迎

スイスのシュナイダーアマン大統領は21日、欧州連合(EU)離脱を決めた英国が欧州自由貿易連合(EFTA)への復帰を望む場合、受け入れを前向きに検討する考えを明らかにした。ロイター通信などが伝えた。

スイスにとって、英国は6番目に大きな貿易相手国。同大統領はもう1つの選択肢として、英国とEFTA間で自由貿易協定(FTA)を締結する可能性にも言及。このほか、大統領は2国間ベースの貿易協定など、あらゆるシナリオに対応する姿勢だ。

EFTAは1960年に英国、ポルトガル、オーストリア、デンマーク、スイス、スウェーデン、ノルウェーの7カ国で結成。英国は欧州共同体(EC)参加に伴い1973年に脱退しており、現在の加盟国はスイス、ノルウェー、アイスランド、リヒテンシュタインの4カ国となっている。


関連国・地域: 英国EUオーストリアスウェーデンデンマークポルトガルスイスノルウェーアイスランドリヒテンシュタイン
関連業種: 経済一般・統計政治

その他記事

すべての文頭を開く

PEパートナーズ、印小売りビシャル買収へ(05/23)

ルフトハンザ、北米路線で格安料金導入へ(05/23)

オートノイム、ハンガリーに部品工場を開設(05/22)

欧州一般裁、ネオニコチノイド禁止を支持(05/22)

住友ゴム、医療用精密ゴム工場を着工(05/21)

高級ブランドのリシュモン、通期は1%減益(05/21)

英政府、シェールガス開発の追加支援策発表(05/21)

自動車保険、EU離脱後の手続き煩雑化回避(05/18)

複合企業ブイグ、第1四半期は黒字に復帰(05/18)

ネスレ、2020年までに砂糖などの使用量削減(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン