エストニアでラタス新首相が就任

エストニアのケルスティ・カリユライド大統領は20日、中道左派でロシア寄りの中央党のユリ・ラタス党首を新首相に指名した。ラタス氏は、社会民主党(SDE)と祖国・共和連合(IRL)の両党と連立政権樹立で合意しており、早ければ11月中にも組閣を終える。

今月初めに中道右派の改革党を中心とするロイバス連立政権は、政策をめぐる内紛から事実上崩壊。連立相手のSDEとIRLはロイバス首相の辞任を求めたが、同首相がこれを拒否したため、エストニア議会(一院制、定数101)で不信任投票を行い、これを賛成多数で可決していた。

これまで最大野党だった中央党では、先にロシアとの結びつきが強いとされていたサビサール党首が辞任し、ラタス新党首が誕生。これにより同党の親ロシア色が薄まったことで、中央党を軸とする連立政権がまとまった。新政権は議会で56議席を握ることになる。

3党は安全保障政策と外交政策では前政権を引き継ぐことで合意。ロシアに対する欧州連合(EU)の制裁を支持するとともに、北大西洋条約機構(NATO)による防衛費の国内総生産(GDP)2%以上の支出義務を維持する。ただし、EUによる難民の割り当ては支持しない。また3党は、閣僚ポストを5人ずつ分け合うことも決めている。


関連国・地域: EUエストニアロシア米国
関連業種: 社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

スケルトン、タリンから独東部へ工場移転(07/20)

【ウイークリー統計】第16回 物価水準と家計支出(07/19)

ユーロ圏インフレ率、6月は改定値も2%(07/19)

オウケイウェイヴ、地場社とエネ関連事業(07/17)

NATO首脳会議、防衛費などが焦点に(07/13)

ユーロ圏鉱工業生産、5月は1.3%増加(07/13)

欧州、各地で水不足による影響が深刻化(07/09)

ユーロ圏生産者物価、5月は3%上昇(07/05)

スペインのCAF、バス製造ソラリスを買収(07/04)

欧州と送電網を統合へ バルト3国とポーランド(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン