• 印刷する

独北部で鳥インフルエンザ検出=9千羽処分へ

独北部のシュレスウィヒ・ホルシュタイン州政府は19日、同州西部の町ブルク(Burg)の2カ所の養鶏所で鳥インフルエンザウイルスが検出されたと発表した。これに伴い、早ければ22日にも8,800羽のガチョウの殺処分が開始される。

検出されたウイルスは低病原性のH5型。この養鶏所は1,800羽のガチョウを飼育しており、半径7キロメートル以内が監視区域に、3キロメートル以内が隔離区域に指定された。

また7,000羽を飼育する別の養鶏所でも、H5型ウイルスが見つかった。これら2カ所では、高病原性のH5N8型も存在するかどうか、詳しく調べる。

ドイツとスイス、オーストリアの国境にあるボーデン湖(別称コンスタンツ湖)付近では先に、野鳥の死骸から鳥インフルエンザウイルスが検出。100羽以上のサギやカモなどの死骸が見つかり、うち5羽からH5N8型ウイルスが検出されていた。


関連国・地域: ドイツオーストリアスイス
関連業種: 医療・医薬品農林・水産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、エネルギーのSEFEを国有化も(09/26)

VW、一部生産を国外移管も=ガス不足対策(09/26)

ボッシュ、タイでEV関連サービスに参入(09/26)

メルク、上海にバイオ医薬試験施設を開業(09/26)

ガス輸入コスト、1~7月は2.6倍に拡大(09/23)

JAL、成田―フランクフルト路線を増便(09/23)

BMW、タイ高級車市場で3年連続首位へ(09/23)

独政府、ユニパー国有化 公的資金80億ユーロを注入(09/22)

ドイツ、競争当局の権限強化を計画(09/22)

欧州司法裁、独のデータ保持規定に違法判決(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン