トルコ南西部の鉱山で地滑り、6人死亡

トルコ南西部シイルト県にあるマデンコイ(Madenkoy)銅山で17日夜、地滑りが発生し、6人が死亡した。大雨の影響で地盤が緩んでいたとみられ、20日時点でなおも10人が生き埋めとなっている。現地英字紙ホリエット・デイリー・ニュース電子版などが伝えた。

マデンコイ銅山はトルコの財閥ジネル(Ciner)・グループ傘下のパーク・エレクトリック(Elektrik)が開発を手掛けている。事故を受け、作業責任者が安全配慮義務違反の疑いで拘束された。

トルコ西部のソマ(Soma)では2014年、301人が犠牲となった同国史上最悪の炭鉱事故が発生している。[環境ニュース]


関連国・地域: トルコ
関連業種: 天然資源社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

トルコのR&D投資、2017年は17.5%拡大(07/16)

三菱電機、ニース空港向け風観測装置を受注(07/13)

トルクセル、ブロックチェーン企業連合に参加(07/12)

【ウイークリー統計】第15回 旅行しない理由と人気旅行先(07/12)

エルドアン大統領が正式就任=財務相に娘婿(07/11)

ロシア、米国の一部製品に報復関税(07/10)

エルドアン大統領、公務員1.8万人超を解雇(07/10)

トルコ北西部で列車が脱線、24人死亡(07/10)

トルコ、酒類に15.5%の特別消費税を追加(07/06)

トルコアイス「MADO」、台湾で展開へ(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン