• 印刷する

欧州市民の過半数がメディアを信頼

欧州連合(EU)市民の過半数がニュースメディアを信頼している――。欧州委員会が17~18日に開催した第2回年次会議「メディアの多元主義と民主主義」に先立ち、委託したEUの世論調査「ユーロバロメーター」の最新調査で、このような結果が明らかになった。

調査は9月24日~10月3日に、EU加盟国の2万8,000人を対象に行われた。

それによると、自国のメディアが信頼できる情報を提供していると考える人は全体の約53%。そう思わない人は44%だった。メディアを信頼する国民が最も多い国はフィンランド(88%)で、これにスウェーデン、デンマーク(共に77%)が続く。またポルトガルとアイルランドでも国民のそれぞれ73%、61%と、半数を大きく上回った。

反対に、メディアへの不信感はギリシャ(87%)、スペイン(71%)、フランス(69%)などでとりわけ高かった。

EU全体で見ると、メディアが伝える情報がスポンサーや政治家からの圧力によってゆがめられていると考える市民は57%に上り、メディアの独立性を信じる市民は37%にとどまっている。


関連国・地域: フランスEUアイルランドギリシャスウェーデンスペインデンマークフィンランドポルトガル
関連業種: 小売り・卸売りメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ベラルーシ反体制派、バイデン大統領と会談(07/30)

緩和長期化の方針示されたECBの戦略検証 <連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第28回(07/30)

EBRD、エジプトのドライポートに融資(07/30)

英、欧米のワクチン接種完了者の隔離免除(07/29)

ユーロ圏成長率予測を引き上げ 21年は4.6%、22年は4.3%=IMF(07/29)

EU、成人の7割に初回接種の目標達成(07/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン