英のブラックフライデー、「安値」の半分がうそ

クリスマス商戦の始まりとされる「ブラックフライデー」のバーゲンセールの触れ込みは半分近くがうそ――。英消費者協会(CA)が発行する雑誌「ウィッチ?(Which?)」が行った調査で、こうした事実が判明した。

同誌は昨年、米オンライン販売大手アマゾン、英同業AOワールド、カタログ販売のアーゴス、家電・携帯電話販売大手ディクソンズ・カーフォンが運営する「カリーズ(Currys)PCワールド」、および百貨店のジョン・ルイスが販売した20品目の人気商品の価格を調査した。その結果、ブラックフライデー当日のいわゆる「バーゲン価格」の49%は、実は前後の期間よりも安くないことが判明した。

小売り業者は割安感をアピールするため、広告にしばしば「従来価格」を併記する。ただ、英国の広告規定では、値下げ直前まで、少なくとも28日間維持した価格にしかこの表記は認められていない。しかし「ウィッチ?」はAOワールドやカリーズPCワールドで違反事例が数多く見つかったと指摘。感謝祭の翌日に当たる11月25日の「ブラックフライデー」を前に、買い物客に警鐘を鳴らした。


関連国・地域: 英国米国
関連業種: IT・通信電機商業・サービスマスコミ・出版・広告政治

その他記事

すべての文頭を開く

ヒースロー、拡張巡り自治体が司法審査要請(07/23)

星金融BOS、ルクセンブルクに子会社設立(07/23)

愛経済は最大4%縮小も IMF、ハードブレグジット想定(07/23)

伊政府、アリタリアの過半数株を維持へ(07/23)

パウンドワールド、全335店舗を閉鎖へ(07/23)

インドネ・ガルーダ航空、英国便の廃止検討(07/23)

英バーバリー、3千万ポンド相当の商品破棄(07/23)

アストンマーティン、「空飛ぶ自動車」発表(07/23)

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

<連載コラム・環境フォーカス>第26回 英国のEU離脱方針、環境規制に大混乱も(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン