• 印刷する

独のインターネット利用、来年にテレビ超えも

ドイツ国民のインターネット利用時間が、来年にはテレビの視聴時間を超える――。こうした予測が、IT関連の米市場調査会社eマーケッターが実施した最新の調査で明らかになった。ブルームバーグが16日伝えた。

それによると、ドイツでは来年、18歳以上の成人がパソコンや携帯端末でインターネットを利用する時間が一日当たり平均3時間44分に達する見込みで、テレビ視聴時間を6分ほど上回る見通しという。実現すると、インターネットがテレビを上回るのは初めてとなる。

背景にはインターネットの普及や、テレビ番組を含む動画をストリーミングで閲覧できる環境が整ってきたことがある。eマーケッターによると、ドイツでは高齢者層へのインターネット普及が進んでおり、インターネット利用者数は6,360万人と西欧諸国で最多。また、米動画配信大手ネットフリックスや米オンライン販売大手アマゾンの映像ストリーミング・サービス「プライム」といった競合に対抗するため、独総合メディア大手ベルテルスマンの民放子会社RTLや独商業放送プロシーベンサット1メディアなどの既存テレビ局がデジタルサービスの強化を急いでいる。

同社は併せて、ドイツでは今年初めて、インターネットの携帯端末での利用がパソコンでの利用を上回るとみられていることを明らかにした。同様の現象は英国でも確認されている。


関連国・地域: 英国ドイツ米国
関連業種: 電機IT・通信小売り・卸売りサービスメディア・娯楽マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独ツァイトフラハト、ブルーエア株10%取得(02/15)

欧州委、補聴器2社の合併を承認(02/15)

エアバス、A380生産終了へ エミレーツの発注取り消しで(02/15)

<連載コラム・環境フォーカス>第31回 循環型経済で世界主導目指すEU(02/15)

ベルギーの優遇税制巡り欧州委が敗訴(02/15)

コメルツ銀行、通期は7倍弱に増益(02/15)

ドイツ銀、大株主が米投資銀事業の縮小要求(02/15)

ユーロ圏成長率、0.2%を維持 ドイツは景気後退入りを免れ(02/15)

VWとフォード、自動運転の提携巡り対立か(02/15)

フィアットとPSA、小型商用車の合弁延長(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン