• 印刷する

イタリアの離婚件数、法改正で急増

イタリアで離婚件数が急増している——。イタリア政府統計局(ISTAT)が14日明らかにした統計によると、昨年は8万2,469件と前年比57%増加。背景には、相次ぐ法改正により比較的簡単に離婚できるようになったことがある。

イタリアではまず2014年に別居や離婚の手続きが簡素化された。またかつては離婚手続きの開始条件として、正式な別居開始から3年以上が経過している必要があったが、2015年5月の法改正でこれを1年に短縮。別居が双方の合意に基づく場合は半年で離婚申請が可能となった。ISTATはこうした法改正の結果、向こう数年は離婚件数が高い水準にとどまるとみている。

一方、昨年に結婚したカップルは19万4,377組と1年前から約4,600組増加。2008~14年には毎年平均1万組近いペースで減少していた。


関連国・地域: イタリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録、12月は8.4%減少(01/17)

イタリア製造業受注、11月は0.2%減少(01/17)

プラハ空港、昨年の利用者数が過去最高更新(01/17)

エニ、オマーンの2鉱区のラインセンス取得(01/16)

ECB、各行に不良債権の全額引き当て要求(01/16)

化石燃料への補助金、EU最多は英国(01/16)

東地中海諸国、地域ガス市場を創設へ(01/16)

「五つ星運動」、欧州議会で新会派立ち上げ(01/15)

独高級車3社、12月はBMWとアウディ不振(01/15)

トルコ自動車生産、12月は19.2%減少(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン