• 印刷する

独国境付近で鳥インフル検出=各国が感染防止策

ドイツとスイス、オーストリアの国境にあるボーデン湖(別称コンスタンツ湖)付近で、野鳥の死骸から鳥インフルエンザ・ウイルスが検出された。オランダやハンガリー、ポーランドでも鳥インフルエンザが原因で死亡したとみられる野鳥が発見されており、各国当局が家禽類への感染拡大防止に乗り出している。ロイター通信などが伝えた。

ボーデン湖付近では今週だけで100羽以上のサギやカモなどの死骸が見つかっており、うち5羽からH5N8型ウイルスが検出された。同ウイルスはヒトへの感染例はこれまで報告されていないが、鳥類同士での感染性は高い。これを受け、オーストリア政府はこの日、同湖から半径1キロメートル以内の養鶏場に家禽を屋内に留め置くよう命じると共に、スイスおよびドイツと共同で、野鳥から家禽やペットへの感染を防ぐための「保護地帯」を設置した。

同ウイルスの感染が疑われる野鳥の死骸は、オランダやポーランドでも見つかっており、検査が進められている。オランダ政府はこれを受け9日、家禽を屋内に留め置くよう養鶏農家に命じた。また、ハンガリーの食品衛生当局は先週、東部の養鶏場で鳥インフルエンザ・ウイルスが見つかったとして、9,000羽の七面鳥の殺処分を命じている。


関連国・地域: ドイツEUオーストリアスイスオランダポーランドハンガリー
関連業種: 食品・飲料医療・医薬品農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

西、EUに国境開放の共通ルール設定求める(05/27)

ルフトハンザ救済で合意 ドイツ政府、最大90億ユーロ支援(05/27)

ドゥダ大統領、最高裁長官に元政治家を指名(05/27)

【欧州企業よもやま話】第306回:インクルード スマートベンチで未来の街づくり(05/27)

ドイツ、接触制限を6月29日まで延長も(05/27)

日本とEUの首脳が会談 新型コロナ対策での協力確認(05/27)

欧州商用車登録台数、4月は68.3%減少(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン