英国、運転中の携帯電話使用を厳罰化=罰金倍増

英政府は、運転中の携帯電話使用に対する罰金を従来の100ポンドから200ポンドに引き上げる方針を明らかにした。交通違反ポイントも3点減点から6点減点に倍増する。英国では先に、携帯電話を使用していたトラック運転手が追突事故を起こし4人が亡くなっており、厳罰化を求める声が高まっていた。

政府は当初、罰金を150ポンドに引き上げる予定だったが、1月から3月にかけて実施した意見公募の結果、厳罰化への支持が強かったため一段の罰金増額を決めた。また、初回違反者はこれまで違反者講習を受けることにより減点を免れていたが、これを廃止する。政府は併せて、運転中の携帯電話使用の危険性を訴えるキャンペーンも展開する。

政府は年内に再度、意見公募を行う予定。メイ首相は「飲酒運転を社会的に受け入れられないものにしてきたように、運転中の携帯電話使用についても同じ取り組みが必要」と話している。

先の事故では、携帯電話で楽曲を探してタッチパネルを操作していたトラック運転手が、イングランド南東部バークシャー州の高速道路で渋滞中の車列に突っ込み、母子4人が死亡。運転手は懲役10年を科された。英国では運転中の携帯電話使用の摘発件数が2011年の12万3,100件から2015年には1万6,900件へと激減しているが、これは違反者が減ったためではなく、取り締まりに当たる警察官が27%削減されたためとみられている。


関連国・地域: 英国
関連業種: 経済一般・統計IT・通信運輸・倉庫社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ヒースロー、拡張巡り自治体が司法審査要請(07/23)

星金融BOS、ルクセンブルクに子会社設立(07/23)

愛経済は最大4%縮小も IMF、ハードブレグジット想定(07/23)

伊政府、アリタリアの過半数株を維持へ(07/23)

パウンドワールド、全335店舗を閉鎖へ(07/23)

インドネ・ガルーダ航空、英国便の廃止検討(07/23)

英バーバリー、3千万ポンド相当の商品破棄(07/23)

アストンマーティン、「空飛ぶ自動車」発表(07/23)

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

<連載コラム・環境フォーカス>第26回 英国のEU離脱方針、環境規制に大混乱も(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン