• 印刷する

エストニアで3党連立政権が崩壊

エストニアで7日、政策をめぐる政権内の紛争から3党連立政権が事実上崩壊した。連立を組む社会民主党(SDE)と祖国・共和連合(IRL)の両党は、中道右派の改革党を率いるタービ・ロイバス首相の辞任を求めており、新たな連立を模索しているという。AFP通信が伝えた。

SDEのオシノフスキ党首は、経済や社会、教育、地域をめぐる政策の不一致が原因と指摘。SDEとIRLは、中道左派で親ロシアの最大野党・中央党との連立協議に入るとみられている。これに対して改革党のペヴクル内相は「左派連立に傾くのは危険なこと」として、ロイバス首相の辞任について話し合うことを明らかにしている。野党側は9日午後2時(現地時間)までに首相に退くよう求めているが、同首相はこれを拒否しており、不信任投票が行われる可能性が高まっている。

昨年3月の議会(一院制、定数101)選挙では改革党が30議席を獲得して第1党を維持し、中央党が27議席で第2党となった。改革党は連立協議の末、SEDとIRLと組んで議会では59議席を確保している。

一方、中央党では6日にロシアとの結びつきが強いとされていたサビサール党首が辞任し、ラタス新党首が誕生。これにより同党の親ロシア色が薄まったことも、中央党を軸とする連立政権成立の可能性が浮上した背景にある。政権が交代すれば内政では大きな転換となるが、外交政策では大きな変化はないとみられている。


関連国・地域: エストニアロシア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エストニア、農業季節労働者を受け入れへ(07/08)

ボルト、パリで電動自転車レンタルを開始(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン