• 印刷する

英航空IAG、来夏から短距離便でWiFi提供

英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)とスペインのイベリア航空を運営するインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は、来夏から短距離路線でも高速WiFi(ワイファイ)サービスの提供を開始すると明らかにした。エアリンガス(アイルランド)とスペインの格安航空ブエリング(Vueling)を含む、傘下の全航空会社の路線で展開する。

IAGは4社の保有機材のうち、仏エアバス製のナローボディー機「A320」計341機を、英衛星通信大手インマルサットの次世代通信サービスに対応させる。同サービスは地上の第4世代(4G)移動通信規格「ロング・ターム・エボリューション(LTE)」とSバンド衛星を組み合わせたもので、高度に関わらず安定した通信速度を確保できるという。なお新サービスの利用料金は明らかにされていない。

機内での無線通信の利用は既に一般化しており、無料WiFiを提供する航空会社もある。通信が不安定なことも多く、専門家の間では機内WiFiサービスによる集客効果を疑問視する見方もある。

<用語解説>

Sバンド

衛星通信に使われる周波数帯で、Sバンドは2~4ギガヘルツ帯を指す。


関連国・地域: 英国フランスアイルランドスペイン
関連業種: その他製造運輸IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

欧州新車登録、12月は8.4%減少(01/17)

英下院、内閣不信任案を否決 メイ首相は他党に協議呼び掛け(01/17)

蘭裁判所「デリバルー配達員は被用者」(01/17)

イネオス、アントワープで30億ユーロ投資(01/17)

インフレ率、12月は2.1%に減速(01/17)

プラハ空港、昨年の利用者数が過去最高更新(01/17)

パブ運営グリーン・キング、新CEOを指名(01/17)

生産者物価、12月は2.5%上昇(01/17)

ブロックチェーン取引VAKT、トタルなど参加(01/17)

消費財レキット、カプールCEOが退任へ(01/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン