リスボンで7日からウェブ・サミット開催

インターネット技術の国際会議「ウェブ・サミット」が11月7~10日、リスボンで開催される。昨年までは毎年、アイルランドのダブリンで開催されていたが、今年からは会場をポルトガルに移す。

同会議はIT(情報技術)関連のイベントとしては欧州最大。今年は1万5,000社が参加し、4日間で5万人の来場が見込まれる。スピーカーには同国のコスタ首相やバローゾ前欧州委員長、日産自動車のゴーン最高経営責任者(CEO)など多彩な顔ぶれが並ぶ。

ポルトガルは他の西欧諸国に比べて物価が安く、IT業界のスタートアップ企業にとって魅力的な立地となっている。リスボンの平均賃金はベルリンの3分の1程度。同国の昨年の労働コストは推定で1時間当たり13.2ユーロと、ドイツ(32.2ユーロ)の4割程度に抑えられているほか、欧州連合(EU)加盟国平均(25ユーロ)も大きく下回る。

市内中心部のオフィスの賃料は2014年で1平方メートル当たり18.5ユーロとベルリンの22ユーロとそれほど変わらないが、スタートアップ企業は郊外にオフィスを構える傾向があり、この場合、家賃は大幅に安くなるという。こうした状況も手伝い、ポルトガルの企業登録件数は2012年の2万9,216件から昨年は3万5,555件に急増している。[労務][日本企業の動向]


関連国・地域: ドイツEUアイルランドポルトガルアジア
関連業種: 経済一般・統計自動車・二輪車IT・通信商業・サービス建設・不動産社会・事件雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

ライアンエアー、欧州ストで600便欠航へ(07/20)

【ウイークリー統計】第16回 物価水準と家計支出(07/19)

リンデ、独メッサーなどに米資産売却(07/18)

ライアンエアー、愛でパイロットが追加スト(07/16)

【ウイークリー統計】第15回 旅行しない理由と人気旅行先(07/12)

SKF、ポルトガル鉄道から軸受けを受注(07/11)

欧州委、マデイラでの特別税制めぐる調査開始(07/10)

EDP、ギリシャの風力発電で売電契約(07/09)

ライアンエアー、客室乗務員が7月下旬スト(07/09)

大陽日酸、米プラクスエアの欧州資産を取得(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン