ユーロ圏離脱の可能性、イタリアが最も高く

ユーロ圏離脱の可能性が最も高いのはイタリア――。独調査会社センティックスの最新調査で、市場のこうした見方が明らかになった。向こう1年にユーロ圏を離脱する確率は9.9%と、ギリシャの8.5%を上回り、2012年6月の調査開始以降で初めてギリシャを抜いて首位に立った。

センティックスは毎月、個人投資家や機関投資家を対象に、ユーロ圏分裂に関する調査を実施。その中で、離脱の可能性が高いと思う国を最大3カ国まで挙げるよう依頼している。最新の調査は10月26~28日に1,039人を対象に行われた。

センティックスはイタリアが首位となった理由として、国内銀行の財務状態の危うさや、12月4日に予定される憲法改正の是非を問う国民投票の結果への懸念、長年の経済不振を挙げている。ただ、ギリシャは2012年に70%台を記録しており、これに比べると大幅に低い水準となっている。

ユーロ圏離脱の確率がイタリアとギリシャに次いで高かったのはポルトガルで、3.5%。これにフィンランド(2.9%)とフランス(1.8%)が続いた。また、ユーロ圏が分裂する確率は17.5%、危機伝播リスクは34.9%とみられている。


関連国・地域: ドイツフランスEUイタリアギリシャフィンランドポルトガル
関連業種: 経済一般・統計金融・保険政治

その他記事

すべての文頭を開く

<連載コラム・欧州経済マンスリー>第14回 ルペン氏敗北なら順調に景気回復、マイナス金利の行方は(03/24)

今年はユーロ圏にとり政治リスクの多い年となるが、重要イベントの先陣を切って3月16日に実施されたオラン…

続きを読む

ポーランド首相、EU進路示す宣言に署名拒否も(03/24)

ポーランドのシドゥウォ首相は23日、英国離脱後の欧州連合(EU)の進路に関して25日に発表するローマ宣言…

続きを読む

GfK消費者信頼感、4月は過去5カ月で最低(03/24)

市場調査会社GfKは23日、ドイツの4月の消費者信頼感指数が9.8ポイント(予測値)となったと発表した。前…

続きを読む

欧州委、ドイツ取引所とLSEの合併を却下へ(03/24)

ドイツ取引所とロンドン証券取引所(LSE)グループの合併計画に対して、欧州委員会が承認をしないもよう…

続きを読む

欧州委、各国の競争当局の権限強化を提案(03/24)

欧州委員会は22日、欧州連合(EU)加盟各国の競争当局の権限を強化する案を打ち出した。EUの独占禁止法…

続きを読む

欧州商用車登録台数、2月は2.7%増加(03/24)

欧州自動車工業会(ACEA)は23日、2月の欧州30カ国の商用車新規登録台数は17万701台となり、前年同月比…

続きを読む

EU、テロ根絶に向け域外でも各種取り組み(03/24)

欧州連合(EU)の欧州対外行動局(EEAS)は22日、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」などのテ…

続きを読む

乗用車生産、2月は過去17年で最高記録(03/24)

自動車製造取引業者協会(SMMT)は23日、2月の英国の乗用車生産台数が15万3,041台となり、前年同月比8…

続きを読む

米新興企業、英仏間で電気飛行機の運航目指す(03/23)

ロンドン―パリ間で向こう10年以内に電気飛行機の商業運航を実現させる――。米新興企業ライト(Write)・エ…

続きを読む

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン