• 印刷する

ウクライナ国民の過半数、EU加盟を希望

ウクライナ国民の過半数が、欧州連合(EU)加盟を希望している――。調査会社レーティンググループ・ウクライナの最新調査でこうした事実が明らかになった。スプートニクが1日伝えた。

調査は9月28日から10月7日にかけて、親露派が実効支配するウクライナ東部のドネツク州とルガンスク州を除く地域に在住する約2,400人を対象に実施。経済同盟に1つだけ参加することが可能な場合、どの同盟を選択するかを尋ねた。この結果、EUを選択した人は全体の51%に上り、ロシアが主導するユーラシア関税同盟への加盟を希望する19%を大きく上回った。その他の同盟を選択した人は合わせて14%。17%は無回答だった。

6月に実施された前回調査では、EU加盟の支持者が54%、ユーラシア関税同盟への加盟支持者が15%だった。

ユーラシア関税同盟には現在、ロシア、アルメニア、ベラルーシ、カザフスタン、キルギスの5カ国が加盟している。


関連国・地域: EUロシアウクライナベラルーシアルメニアカザフスタンキルギス
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

製薬リヒター、1~9月期は6.8%増益(11/09)

ウクライナ鉱工業生産、9月は1.3%減少(10/30)

ウクライナEV販売、9月は2倍超に増加(10/29)

IMF、ウクライナとスタンドバイ取り決め(10/24)

アクサ、ウクライナ市場から撤退へ(10/24)

チェコ商議所、ウクライナ人受け入れ増要求(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン